三井住友銀行カードローンの審査基準や在籍確認について詳しく解説

三井住友銀行カードローンは金利面が年1.5~14.5%の範囲で融資を受けられます。消費者金融と比べると上限金利が低めであるため、比較的良い契約条件で融資を受けられるのが人気です。

銀行カードローンのネックとなる融資スピードは、普通預金口座の開設を行う必要もなく、最短でも翌営業日※2にお金を借りられるのも人気の理由です。

本記事では三井住友銀行カードローンの、審査や申し込みの流れについて解説していきます。

三井住友銀行カードローンの特徴

  • 申し込みは24時間365日いつでも受付
  • 申込に普通預金口座・来店不要
  • 全国の三井住友銀行ATM、コンビニ提携ATMの手数料が無料
  • 月々の返済が2,000円からと低めの設定※1
  • 最短翌営業日に融資を受ける事が出来る※2
  • プロミスの契約機でカード受け取り可能
  • 返済に関する相談の専用窓口がある

※1毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。
※2申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もあります。

貸付条件

年齢限度額実質年率無利息期間
満20歳以上満69歳以下10万~800万円年1.5%~14.5%なし
スマホATM取引融資スピード郵送物カードレス
非対応最短、翌営業日融資※1なしも可能※2非対応
※1申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もあります。
※2カードローン契約機にて手続きを行った場合

三井住友銀行カードローンを利用するための条件

  • 満20歳以上満69歳以下であること
  • 原則安定した収入があること
  • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられること
  • 資金の使い道が事業資金以外であること
  • 本人からの申込であること

これらの条件を満たす人が、申し込みできます。

利用できる方の属性

  • 会社員
  • 個人事業主
  • 法人経営者
  • フリーター(アルバイト・パート)
  • 派遣社員
  • 主婦(アルバイト・パート)

安定した収入に該当する項目として分かりやすい表現としては毎月給料を貰っているのか?というところです。

アルバイトやパートの方であっても申し込みできますし、審査にとって雇用形態は限度額に関係する項目であり、審査の通過という点においては正社員であってもアルバイトやパートの方であっても同じです。

利用できない方の属性

  • 年金受給者(年金のみの収入)
  • 無職
  • 専業主婦
  • 学生(仕送りのみ)
  • 休職中

本人に直接収入がない人は利用できません。

専業主婦はたとえ配偶者の方が高年収であり、返済能力が十分であったとしても、本人に直接の収入にはならないため、利用できません。

アルバイトをしていない学生も専業主婦と同様に本人に収入が無いとみなされます。毎月の生活費が親からの仕送りのみという学生は、利用できません。

三井住友銀行カードローンは年収の制限なし アルバイトの方でも利用できます

三井住友銀行カードローンには、年収による制限はありません。

例えばアルバイトをしており月に5万円程度の収入で年収が60万円といった方でも利用することができます。

銀行カードローンの中には年収400万円以上、勤続年数1年以上でないと申込不可のものもあり、三井住友銀行カードローンでは年収や勤続年数による申込の制限は設けられていません。

職業による制限も設けられていないので、正社員ではなく、派遣・パート・アルバイトでも、安定した収入を得ていれば申込可能です。

「安定した収入」=「高額の収入」ではないのですが、当然年収が高ければ高いほど、勤続年数が長ければ長いほど、「収入の安定性」は高いと判断されます。

年収が多くない、勤続年数が短い人でも審査通過への期待値は十分に残され、契約する借入限度額は少額になる可能性が高くなると考えておくようにしましょう。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込みできる

三井住友銀行カードローンのローン専用キャッシュカード画像

三井住友銀行カードローンは、口座なしであってもローン専用カードを発行できるため、開設は不要です。※カードローン専用口座の開設あり

よく 「口座なしでも申込OK」とされていたとしても、口座なしで手続きできるのは仮審査結果の回答まで。

契約時には口座の開設が必須とされている銀行カードローンも多く、口座開設の手間で融資まで時間が掛かる、来店が必要になるなどの手間がかかりますが、こういったストレスもありません。

もちろん契約自体は口座がある人の方が、今あるキャッシュカードのローン機能を付けてもらえるといった便利さには劣りますが、口座がない人でもローン専用カードの発行を受けられます。

三井住友銀行カードローンは自由な目的に利用できる

三井住友銀行カードローンの利用者100名にアンケート調査を行ったところこのような回答となりました。
※アンケート調査日2021年 2月実施

契約者の利用用途

  • 趣味で欲しかった物品を購入した(48名)
  • 生活費が足りなかったので補填するため(36人)
  • 引越し等の費用で利用した(3人)
  • 慰謝料の支払いで利用した(1名)
  • 医療費(美容目的)で利用した(3名)
  • その他(9名)

利用目的の大半は趣味や娯楽の為に利用したという人が多く、8割以上の方はこういった目的で利用されています。

基本的に三井住友銀行カードローンは、事業資金以外の利用に関してはどういった用途にも利用できます。初回の借入目的を果たしたとしても、いつでも好きな時に追加で融資できるのが魅力。

審査で収入証明書が必要となる場合は?

給与明細書のイメージ画像

融資希望額、または契約限度額が50万円を超える場合は、本人確認書類の他に収入証明書が必要となります。

収入証明書として認められるもの

  • 給与明細書(最新2ヶ月分)
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 納税通知書(最新のもの)

2018年1月前に契約された方は、自主規制施行前であったため、申込金額が300万円以下の場合は収入証明が不要でした。

申し込みを行うと、50万円を超える金額は収入証明が必要です。ただし、審査によっては50万円以下の融資を希望した場合でも収入証明書の提出を求められる可能性があります。

三井住友銀行カードローンの書類提出の方法とタイミング

提出方法は、スマホのカメラで撮影した写真を送る形となります。三井住友銀行のアプリをダウンロードしアップロードするだけで終了です。

大手消費者金融の書類アップロード方法は、その場で撮影した写真を送付する必要があります。

三井住友銀行カードローンの場合は、あらかじめ撮影したデータを送付出来るため、簡単に送付出来るのが嬉しいところです。

目次

三井住友銀行カードローンの審査の流れは?

三井住友銀行カードローンで、実際にお金を借りるまでの流れは、こちらのようになっています。

三井住友銀行カードローンの申し込み流れ

  1. 公式サイトから審査へ申し込み
  2. 本人確認書類の提出
  3. 審査結果の確認
  4. ローンカードの受け取り
  5. 借入開始

審査から借入するまでは、こちらの5ステップ。
まずは審査へ申し込むところからスタートです。

三井住友銀行カードローンの申し込み方法は、こちらの3つ。

三井住友銀行カードローンの申込方法

  • Webページ
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • 電話

三井住友銀行カードローンはWebサイトから、24時間いつでも申し込み可能です。

来店して窓口にて申し込む…といった手間は必要なく、手持ちのスマホやパソコンからすぐに申し込みできるのがメリットです。

三井住友銀行カードローンの審査時間はどれくらいかかる?

三井住友銀行カードローンの審査は、最短で翌営業日に完了します。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合があります。

審査には1日以上の時間がかかるため、消費者金融カードローンのように即日融資は受けられません。

三井住友銀行カードローンの申し込みにおいて注意しておきたいのが、土日祝は審査を行なっていないこと。

金〜日曜日は申し込みをしても、審査結果がでるまでに時間がかかると予想できます。

少しでも早く三井住友銀行カードローンでお金を借りたい人は、週末を避けて申し込みましょう。

審査に必要な書類は本人確認書類

三井住友銀行カードローンへの審査申し込みが完了すると、本人確認書類の提出が必要となります。

現住所が記載されている本人確認書類2点を、用意しましょう。

現住所記載の本人確認書類を2点提出

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 健康保険証

※別途他の書類が必要となる場合もございます。
※上記以外の本人確認書類については、三井住友銀行のホームページでご確認ください。

他の金融機関で本人確認によく使われる『健康保険証』は使えませんので、注意しましょう。

本人確認書類はWeb上でアップロードして、提出まで進められます。

Web提出は郵送で送るよりもスムーズに確認へと進むので、早く審査を終えられます。

審査では在籍確認が必ず行われる

三井住友銀行カードローンに限らず、銀行カードローンを申し込むと、ほとんどの場合『在籍確認』があります。

在籍確認は申し込み者が本当に勤務先に勤めているか、勤務先を偽っていないかを確認する目的で行われます。

「会社の人に借金をするとバレてしまうのでは…?」と心配な人も多いですが、在籍確認は銀行名で連絡するようです。
※参考:三井住友銀行 よくあるご質問

金融機関では、申し込み者の情報をむやみに漏らしてはいけないというルールがありますのであくまでも銀行からの電話で「〇〇さん(申込者)は、いらっしゃいますか?」といった簡単な質問のみで終わります。

カードローンの利用がバレる可能性は少ないと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンの金利について

三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%~14.5%とされています。カードローンを利用してお金を借りるのがはじめてだという人は、金利の数字だけ見ても「これって普通より低いの?それとも高い?」と感じるでしょう。

そこで主要カードローンの金利と、三井住友銀行カードローンの金利の比較表を、以下に用意しました。チェックする際に、次の1点については事前に理解しておく必要があります。

はじめてカードローンとの契約を行う際には、ほとんどの人が高い方の上限金利、もしくは上限金利に近い金利での契約となります。

下限金利については1~2%台とメチャクチャ低く設定されているカードローンも中にはありますが、初めての借り入れで低い金利が適用されるのは、まずありえないと考えておきましょう。

主要カードローンの上限金利比較表

カードローン名称上限金利三井住友銀行カードローンとの相違点
三井住友銀行カードローン年14.5%-
みずほ銀行カードローン14.0%-0.5%
新生銀行スマートカードローンプラス14.8%+0.8%
りそなプレミアムカードローン12,475%-2.025%
楽天銀行スーパーローン14.5%-
オリックス銀行カードローン17.8%+3.3%
ソニー銀行カードローン13.8%-0.7%
じぶん銀行カードローン17.5%+3.0%
PayPay銀行カードローン18.0%+3.5%
セブン銀行カードローン15.0%+0.5%

三井住友銀行カードローンの上限金利年14.5%は、圧倒的な超低金利ではないものの、比較的低い水準に設定されています。

基本的には15%以下で契約できた場合、それは低金利な契約だと判断できます。

どんなに高くとも適用される金利が年14.5%を超えない三井住友銀行カードローンは、初めてカードローンを利用するという人でも、安心して利用できるのです。

また、適用される金利は審査により決定される借入限度額ごとに以下のように定められています。

三井住友銀行カードローンの借入限度額ごとの適応金利表

借入限度額適応金利
100万円以下年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下年10.0%~年12.0%
200万円超300万円以下年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下年1.5%~4.5%

カードローンのはじめての契約時には、ほとんどの場合、下限金利は適用されません。

しかし必ずしも、上限金利での契約になるとは限りません。

審査の結果借入限度額が100万円を超えた場合、適用される金利は最大でも年12.0%となります。

すでにカードローンを使っている人でも、自身が契約した金利によって毎月発生する利息が具体的にいくらなのかまで、きちんと把握できている人は少ないでしょう。

毎月決められた金額さえ遅れずに返済しておけば、利息については知らなくても特に問題はないものの、計画的にお金を借りるためには、しっかりと発生利息については理解しておくのをおすすめします。

以下表に三井住友銀行カードローンで適用される可能性が高い「年14.5%」と「年12.0%」2つの金利ごとで、毎月の発生利息をまとめたので参考にしてみてください。

金利と借入金額ごとの1ヶ月あたりの発生利息表

借入金額契約金利年14.5%契約金利年12.0%
10万円1,191円986円
20万円2,383円1,972円
30万円3,575円2,958円
40万円4,767円3,945円
50万円5,958円4,931円
※1ヶ月は30日で計算
※少数点以下切り捨て 金利年14.5%での契約となった場合には、借入する金額が10万円増えることに約1,200円ずつ1ヶ月あたりの発生利息が増えていくことになります。

ひと月単位で考えるとこの差はさほど大きく感じませんが、借入する金額が大きくなればなるほど完済までにかかる期間は長くなりやすく、その場合には利息の負担が徐々に重くのしかかることに。

特にはじめてのカードローンの利用を検討している人に注意して欲しいのですが、カードローンを利用して借りる金額は必要最低限、本当に必要なお金のみを借りるようにするようにしましょう。

三井住友銀行カードローンと契約後にお金を借りる方法

三井住友銀行ATMの画像

最近では口座への振込での融資に、対応しているカードローンも増えています。

実際に、三井住友銀行カードローンで利用できる借り入れ方法を、確認してみましょう。

三井住友銀行カードローンの借入方法

  • 提携の銀行、コンビニATMから
  • Webサービスから振込申請 ※利用にあたっては、電話・ローン契約機での事前申し込みが必要
  • 自動融資

カードローンを利用してお金を借りる際に、最も便利で使い勝手が良いのは、やはりコンビニATMからの出金でしょう。

多くの人がローンカードを利用して、コンビニで借入をしています。

三井住友銀行カードローンのように、提携コンビニATMの利用手数料が無料となっているのは、借入先を選ぶ上で大きなプラスの判断材料となります。

三井住友銀行カードローンでは、借入を行う時だけでなく、返済時も手数料無料に。

三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスが保証を行うので保証料は不要、手数料も不要とされているので、カードローンを利用するうえで支払うのは、純粋に金利により発生する利息のみです。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていない人も、お申込みは可能ですが、その場合には契約手続き完了後に、郵送もしくはローン契約機にてローン専用カードの受け取りが必須となります。

すでに三井住友銀行の普通預金口座をもっている人の場合は、契約手続きが完了しだい、手元にあるキャッシュカードにカードローン機能が追加されます。

そのまま手持ちのキャッシュカードを使い、お金を借りられるのです。

さらに、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」を利用している人は、カードローン口座をSMBCダイレクトのサービス利用口座に指定して、振替による借入もできます。

カードローン専用口座から普通預金口座へと資金の移動という形でのこの融資の手続きは、PC・スマホからSMBCダイレクトにログインして簡単に行えます。

三井住友銀行カードローンの返済方法と毎月の返済額

三井住友銀行カードローンの毎月の返済方法と返済日は以下のように定められています。

約定返済日と約定返済の方法

約定返済日5日・15日・25日・末日から自身で選択可能 
約定返済の方法ATMでの直接入金・振込・口座振替
※銀行休業日の場合は翌営業日

毎月の返済を口座振替にしておくと、返済の手間が省ける、ついうっかりの返済忘れを防げるうえに、返済の遅延・滞納のリスクを軽減できるといったメリットが得られます。

ただし口座振替での返済を選択できるのは、三井住友銀行の普通預金口座を持っている人だけです。

口座を持っていない人が選択可能な返済方法は、ATMでの直接入金もしくは振込での返済のみとなります。

返済時も借入時と同様に提携コンビニATMの利用手数料は無料です。

三井住友銀行カードローンは無理のない返済を行いやすい

どの金融機関のカードローンでも借入金額ごとの毎月の最低返済額というものが必ず定められています。

三井住友銀行カードローンは2,000円からで、とても返済しやすい金額です。

以下は借りた金額によって、毎月の返済額がいくらなのかをまとめた表となります。

三井住友銀行カードローン毎月の最低返済額表

約定返済時の借入残高約定返済金額 (最低返済額)
2千円未満の場合約低返済時の利息と借入残高の合計額
2千円以上10万円以下2,000円
10万円超20万円以下4,000円
20万円超30万円以下6,000円
30万円超40万円以下8,000円
40万円超50万円以下10,000円
50万円超60万円以下11,000円
以降300万円以下まで借入残高が10万円増すごとに1,000円ずつ追加
300万円超350万円以下40,000円
以降500万円以下まで借入残高が50万円増すごとに5,000円ずつ追加
500万円超600万円以下60,000円
以降800万円まで借入残高が100万円増すごとに5,000円ずつ追加

借入をする金額が10万円以下であれば、毎月の最低返済額は2,000円とされています。

カードローンを利用してお金を借りる必要がある状況であれば、今現在の支払いに余裕があまりないという人が、ほとんどではないかと考えられます。

他の銀行カードローンでは、借入金額50万円以下は毎月の最低返済額一律10,000円などの設定が多いです。

三井住友銀行カードローンが10万円単位で細かく返済額が設定されている点は、非常に嬉しいポイント。

ただ毎月返済する金額が少なくなると、その分借りたお金をすべて返しきるまでにかかる期間が長くなります。

返済に時間がかかると最終的に支払う利息は大きくなると、しっかり理解しておきましょう。

支払いに余裕がないときには最低返済額のみの返済でも構いませんが、お金に余裕がある月には、そのお金を何よりもカードローンへの返済に優先的に充てるのが上手な返済のコツとも言えます。

三井住友銀行カードローンまとめ

三井住友銀行カードローンは、借りたい金額が少額の人、余裕のある融資額を希望する人、無理のない返済をしたい人などのユーザーのニーズにぴったり。 安心してお金を借りたいと考えている人にオススメなカードローンです。

特に、すでに三井住友銀行に普通預金口座を持っている人は、スムーズな申込、そして利用が可能です。

ただ1点だけ残念なのが、三井住友銀行カードローンに限らず世の中の銀行カードローンはすべてが即日融資に非対応となっています。

即日でお金を借りたいと考えている人には、三井住友銀行カードローン以外のカードローンを選ぶ必要があります。

融資実行までに最低でも2日以上あるという人のみ利用するようにしましょう。

目次
閉じる