アプリでお金を借りる|スマホ1台で手軽に融資を受ける方法

今、お金を借りる方法として「アプリで借りる」という人が増えています。

お金を借りる際は、店舗やATMまで行かなければならない、そのような常識は薄れ、申込みから実際にお金が振り込まれるまで、全てアプリだけで完結していることも珍しくありません。

申込・借入・返済だけでなく、他の便利な機能もたくさん使えるので、アプリ利用者がどんどん増えているのもうなずけます。

本記事では、アプリでお金を借りるメリットをご紹介しています。

さらに消費者金融・銀行カードローンのどちらもアプリに対応している会社が数社あるので、それらもまとめてご紹介します。

目次

アプリに対応している消費者金融

まずは、アプリに対応している消費者金融をご紹介します。

アプリに対応している消費者金融は以下の5社です。

  • プロミス
  • レイクALSA
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット

それでは各消費者金融の簡単な特徴と、アプリの特徴を見ていきましょう。

無利息サービスが充実のe-アルサ(レイクALSA)

レイクALSA(e-アルサ)のアプリ画面
金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
4.5%~18.0%1万円~500万円最短15秒
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短1時間60日間か、5万円までを180日間か選択なし
ALSAは仮審査は最短15秒で結果が表示されます

審査をされている間の不安が短いのが魅力。その後本審査を通して、融資までの時間は約1時間程度です。

さらに、レイクALSAのみ無利息期間が60日間か、5万円まで180日間か選べるようになっています。

5万円まで180日間無利息を選択した場合は、それ以上の借入金に関しては通常の金利がかかるので、5万円以下の借入の場合はとても有効です。

レイクALSAのアプリ「e-アルサ」では、審査から申込書類、借入まで、全てアプリだけで完結します。ローンカードの発行も不要で、すぐにお金を借りられるのです。

周りにバレる可能性も一層低いので、ローンカードを作りたくない!という人には向いているでしょう。

審査回答まで最短15秒事前審査!スピード重視の方はプロミス(PAL)

プロミスのアプリ画像
金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
4.5%~17.8%1万円~500万円最短30分
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短30分30日間※1なし
※1 メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要
※「最短15秒事前審査」には事前審査結果の確認後、本審査が必要
※「最短15秒事前審査」は新規契約時点の融資額上限は50万円まで

プロミスの特徴は、最大金利が消費者金融の中で最も低いことと、無利息期間が「初回利用時から」ということです。

最大金利が他よりも0.2%低くなっているので、少額融資を受けるときには、他の消費者金融より金利が安く済みます。

もちろん、無利息期間も設けられているので、初回は無利息で借りられます。(※1)

そのうえ、プロミスは無利息期間の開始タイミングが「初回利用時から」となっています。

他では「契約時」からとなっているので、急いで借入金を返す必要がありますが、プロミスでは利用時からなので、それほど急ぐ必要がありません。

アプリのデザインも一目見ただけではプロミスだと全くわからないので、バレる心配はほとんどありません。

当然アプリだけで審査から融資まで行えるようになっています。

会社への電話連絡は原則なし誰にも知られずに利用できるアイフル「ai-app」

アイフルのアプリ画像
金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
15.0%~18.0%1万円~800万円最短30分
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短1時間最大30日間なし
ATMで借入をするときに、セブン銀行ATMだけでなくローソンのATMも使えるという点です。

他の消費者金融はセブン銀行ATMしか使えないので、選択の幅が広がるのは非常に便利になります。

スマホアプリで審査から申込みまで完結できる点、金利などは他の消費者金融と大きくは変わりません。

しかし、電話連絡なし・カードレスで借りられる点など、周囲にばれずにお金を借りたい人にとってはとても使いやすい消費者金融となっています。

WEB完結申込なら電話連絡なしSMBCモビット「Myモビ」

モビットアプリ「Myモビ」の画像
金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短即日なしなし

SMBCモビットも、審査から借入までスマホアプリで完結するほか、郵便物や電話連絡がないので、周囲にばれる心配なく、お金を借りられるようになっています。

WEB完結申込を利用すれば、自宅や会社への電話連絡なしで利用できる点が人気です。
※審査によっては電話連絡がある可能性があります。

デメリットは、無利息期間サービスの取り扱いがないという点で、金銭面のメリットが他社よりも劣ってしまうというところです。

銀行カードローンのアプリ

続いて、銀行カードローンのアプリを簡単にご紹介します。

銀行カードローンですが、消費者金融とは違い、即日融資は対応していません。

さらにアプリをダウンロードしても、その銀行の口座を持っていないとすぐに使えないなど、消費者金融に比べてやや動きが鈍くなっています。

しかし金利が低いという大きなメリットもあるので、その点をしっかりと理解して、消費者金融と使い分けましょう。

それでは、その点を踏まえながら見ていきましょう。

楽天銀行

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
1.9%~14.5%1万円~800万円最短翌日
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短翌日なしなし
楽天銀行は銀行カードローンの中では、比較的借りやすく、正社員でなくても借りられる場合が多いと言われています。

手続きも簡単で、他の楽天のサービスと合わせて使うことによって、楽天ポイントもたくさん貯まるので、合わせて利用するのがオススメです。

楽天銀行の口座を持っている人は、楽天銀行アプリでカードローンの申込みができてしまいます。

三菱UFJ銀行

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
1.8%~14.6%1万円~500万円最短翌営業日
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短翌営業日なしなし
UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、三菱東京UFJ銀行アプリから24時間いつでも申込み可能です。

必要書類提出もアプリから行えるので、とっても簡単です。

借入診断・返済シミュレーションといった借入を計画的に行える機能があるのもうれしいですね。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても申込みができるので、サービスに魅力を感じたら、誰でもすぐに申込み出来るようになっています。

三井住友銀行

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
4.0%~14.5%10~800万円最短翌営業日
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短翌営業日なしなし
4つから選択できるようになっており、返済額も2,000円という低額から行える点です。

自分の一番返しやすい金額、日付を選べることにより、無理のない借入が可能となります。

アプリも非常に便利で、返済シミュレーションができたり、借入残高が確認できたりするなど、三井住友銀行でお金を借りるのであれば、絶対にダウンロードしておきたいものです。

指紋認証や、カードレス取引に対応していない点は少し残念ですが、三井住友銀行の口座を持っていない人でも申込みができるので、必要な人がすぐに申し込めるのはとても便利です。

スルガ銀行カードローン

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
3.9%~14.9%10万円~800万円最短翌日
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短翌日なしなし

スルガ銀行カードローンは、ローン返済が免除される保険があるほか、70際まで申込みできるなど、地方銀行らしい利用者に寄り添った商品であることが特徴的です。

返済方法が少ない点や、口座振替はスルガ銀行の口座しか対応していないなど、細かい点で大手都市銀行より不便な点はありますが、そこをクリアするととても魅力的な商品です。

居住地制限がなく全国誰でも利用できるので、魅力を感じる人は利用を考えてみてくださいね。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
1.59%~18.0%1万円~1,000万円最短60分
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短翌営業日なしなし

最大融資額もとても高く、利用対象者が幅広いのは大きな魅力です。

ただし少額融資の場合、金利はクレジットカードのキャッシングや消費者金融並みとなっているため、銀行カードローンとしての魅力は薄まってしまいます。

PayPay銀行アプリはネット銀行らしく先進的で、指紋認証・顔認証にもしっかり対応しています。

わざわざパスワードを覚える必要がないので、とても便利です。

実際パスワードのご入力が数回続いた際のロック解除はとても手間がかかるほか、本当に必要なときに使えなくなるリスクもあるので、パスワードレス認証は本当に助かります。

PayPay銀行アプリから借り入れるほかに、PayPayアプリから借りるという方法もあるのでご紹介しておきます。

PayPayから経由してPayPay銀行でお金を借りる

PayPay銀行はスマホ決済アプリPayPayと提携し、PayPayを通してお金を借りられるようになっています。

PayPayからお金を借りた場合は、100日間無利息キャンペーンが適用されるため、かかった利息分がPayPay銀行の口座にキャッシュバックされます。

銀行カードローンでは無利息期間がないと書きましたが、唯一の例外と言ってよいでしょう。しかも無利息期間が100日間というのはどの消費者金融よりも長いため、消費者金融よりお得に借りられます。

ただし実際には金利がかからないわけではなく、かかった金利がキャッシュバックされる方法なので、その点だけ理解しておきましょう。

一風変わったスマホアプリ

お金を借りる方法も多様化しており、従来の消費者金融・銀行カードローンとは違った方法も生まれています。

制度上は消費者金融・銀行カードローンと大きく変わりません。

しかし借入の際の審査方法が、かなり進化しています。

下記で紹介するJ.Score、LINEポケットマネーは審査にAIを活用し、新たな評価基準での審査を可能としています。

これまで審査に通りにくかった人もAIを活用した審査であれば、審査をパスできる可能性があるので、今フリーランスで活動している方や、若い世代を中心に注目されています。

J.Score

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
0.8%~15.0%1,000万円最短即日
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短即日なしなし
みずほ銀行とSoftBankが提携して運営する新しいアプリローンです。

金利もAIアプリのスコアによって変わるので、従来の審査基準は少し異なっています。

AIでの審査の仕方は、160問以上の質問に答えることで、その人の将来性や安定性、施行を計算し、スコアを出します。

質問の内容は、「持っているゲーム機の種類」「趣味」「ネット利用環境」など、日常的なものばかりです。

これまでの銀行・消費者金融の審査対象はあくまで「今」が基準でしたが、J.scoreは「今から将来まで含めた審査」となります。

これまでと審査基準が違うため、これまで審査をパスできなかった人でも審査をパスできる可能性がありますが、これは、審査が緩いのではなく、「審査基準が変わった」からです。

決して審査がゆるくて借りやすくなったわけではないことを理解する必要があります。

その他、J.scoreはみずほ銀行、Yahoo!Japanが運営するサービスなので、みずほ銀行、Yaho!Japan、ソフトバンク、ワイモバイルを利用しているとスコアが上がりやすい傾向があります。

金利の適用もこのスコアを基準に行うので、できるだけサービスを連携させておくことが望ましいでしょう。

J.Scoreのスコアが600点以上であれば、借入に申込みできるようになります。

申込みから借入までWEBで完結するほか、最短即日融資も可能となっています。

AIスコア算出は無料で行えるので試してみると良いですよ。

LINEポケットマネー

金利(実質年率)最大融資可能額審査にかかる最短時間
3.0%~18.0%5万円~300万円最短即日
融資までの最短時間無利息期間担保・保証人
最短翌日なしなし

LINEポケットマネーは、トークアプリLINEが運営するアプリローンです。こちらも独自のAIスコア「LINE Score」を用いて融資基準を決定します。

LINEヘビーユーザーほどLINE Scoreが上がるので、審査に通りやすくなり、審査に通った際の金利も低くなります。

AIによる審査は、従来の審査基準とは大きく異なります。これまで収入があるのに、フリーランスという立場から消費者金融や銀行でお金を借りにくかった人たちは、審査をクリアできる可能性もあります。

まだまだ使いにくい部分もありますが、ユーザーの希望に応じて少しずつ利用しやすくなっているので、これからのサービスに注目です。

アプリでお金を借りるメリット

アプリを使ってお金を借りることには、多くのメリットがあります。

そのメリットは主に以下の5つです。

  1. お店に行かずにお金を借りられる
  2. 書類提出が楽々
  3. カードレスでお金を借りる、返せる
  4. 返済情報等をアプリで全て見られる
  5. 周りにバレにくい

アプリを使ってお金を借りることで、これらのメリットが受けられます。

スマホがなければ利用できないという点はネックかもしれませんが、今は多くの人がスマホを持っているので、ほとんど問題にならないでしょう。

それでは、アプリでお金を借りるメリットについて、細かく説明します。

お店に行かずにお金を借りられる

アプリを使ってお金を借りる際に、お店に行く必要は全くありません。もちろん新規で借りようと思っている方でも、お店に行く必要はありません。

申込・審査・借入と全てアプリだけで完結できます。急いでいるときでもスマホの画面だけで全てが終わるので、全く慌てることなくお金を借りられます。

アプリだけで完結することで、人に出会うこともないのも嬉しいですね。

書類提出も簡単

「アプリで完結する」とは、申込に必要な書類提出に関してもアプリだけで完了できるということです。

申込に必要な書類の提出は結構面倒ですよね。

これまでは特に、身分証明書のコピーが大変だったのです。

家にコピー機がないという人は多いので、わざわざコンビニまでコピーを取りに行ったことがある人もたくさんいると思います。

今では身分証明書の写真を撮って、アプリで送るだけで完了します。

身分証明書紛失のリスクも軽減できて、安心です。私はコンビニのアルバイト経験があるのですが、実際コンビニのコピー機に身分証明書を忘れるケースはとても多いのです。

全て自宅で終わるので、そういったリスクも無いのです。

カードレスでお金を借りたり返したりできる

消費者金融も銀行カードローンも、従来は「ローンカード」を発行するのが当たり前でした。

ローンカードを使ってお金を借りたり返したりできるのですが、カード類が増えるのは少し邪魔なことがありますよね。

クレジットカード、キャッシュカード、会員カード、ポイントカード…財布の中がカードでパンパンという人も多いのではないでしょうか。

それにローンカードを忘れてしまうと、お金を借りることすらできません。急ぎで必要な時でもローンカードがないと何もできなかったのです。

しかしアプリでお金を借りるときは、基本的にはカードレスで借りられます。スマホの画面だけで全て完結です。

*ただし、全てのアプリ対応金融機関がカードレスでの取引に対応しているわけではありません。

返済情報等をアプリで全て見られる

アプリを使ってできることは、審査・申込・借入・返済だけではありません。

残高照会や、返済情報・返済シミュレーションなど、あらゆる機能がアプリに含まれています。

公式ホームページや店頭で受けられるサービスのほとんどが、スマホアプリに詰められているといっても良いでしょう。

家族や同僚など周囲にバレにくい

アプリでお金を借りるうえで、全てのサービスがアプリでできるということと同じくらいに大きなメリットが、周囲にバレにくいという点です。

お金を借りる際に、他人に知られたくないと思うのは当然です。決して後ろめたいことではないのですが、他人の目線というのが気になるのは仕方ありません。

アプリであれば申込に関する書類等も不要で、自宅への電話連絡や、書類が自宅に届くこともありません。

ローンカードや利用証明書から借金がバレる人も多いのですが、アプリで借りるときはこれらも発行されません。

つまりこれまで他人にバレてしまっていたような形跡がほとんど残りません。

情報も全てスマホに集約されるので、スマホをしっかりと管理することによって、バレる心配はほとんど無くなるといって良いでしょう。

目次
閉じる