三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘い?審査基準や在籍確認について詳しく解説

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は言わずと知れたメガバンク三菱UFJ銀行のカードローン。保証会社は子会社であるアコムが行うため審査も早く最短翌日で利用できます。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、銀行カードローンなので金利も1.8%から14.6%と消費者金融と比べ低めの金利です。

コンビニの提携ATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行等)の利用手数料が入出金無料で利用できます。

難点を言えば、消費者金融よりも審査に時間が掛かります。

また、解約時も電話一本で解約を行えないなどが挙げられます。

審査に関しては、申し込み条件は年収等の制限もなく20歳以上で基本的に仕事をしている方であれば、利用できます。

しかし過去に金融事故や返済トラブルなどを起こした方は審査に通る可能性が低くなります。

ここでは三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を申し込みたいけど、審査が不安という方のために、審査基準や審査通過するためのコツをまとめました。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の利用を検討している方は、ぜひお読みください。

目次

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査について

バンクイックの審査を受けようと検討しても、申込基準に該当していなければいけません。バンクイックの審査を受けるための申込条件をまとめました。

バンクイックの審査を受けることができる方
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住している方
  • 安定した収入のある方
  • アコム株式会社の保証を受けられる方

審査を受けることができる属性

  • 会社員(正社員)
  • フリーター
  • 個人事業主
  • 法人経営者
  • アルバイト・パート
  • 学生(アルバイト)
  • 主婦(パート)
  • 不動産家賃収入のある方

基本的に仕事をしている方は、正社員はもちろんですが、アルバイトやパートをしている方であっても利用できます。

つまり主婦の方や学生の方であっても、アルバイトやパートをしておりご自身に収入がある方は利用できます。

審査を受けられない方の属性

  • 年金受給者
  • 生活保護受給者
  • 未成年者
  • 専業主婦の方
  • 学生(仕送りのみ)
  • 無職
  • 休職中(育休・産休等)

また配偶者が安定した収入のある専業主婦でも、本人に収入がないため利用はできません。

学生も同様で、親の仕送りのみの方は毎月定期的な入金がある形ですが、本人の収入には該当しません。

しかしパートやアルバイトを始めて、数日以上の出勤実績ある場合は、申し込みを行えます。ただし限度額は最小枠の10万円までとなる可能性が非常に高いです。

休職中の方は、会社から休んでいる間も給料等の手当が入っているという場合は、審査を受けられますが、多くの企業で休職中は無給のところが多い現状にあります。

例え会社に在籍していても、勤務実績が無く給料等の支払いが出ていないという方は、利用できないでしょう。

休職中であっても、在籍確認の時の返答次第では契約を行えます。

ただし給料が入っていない状態でお金を借りるのは、返済が非常に難しく、より生活を圧迫させる可能性も高いため、利用に関しては気をつけましょう。

バンクイックの特徴
  • メガバンクならではの安心感
  • 口座開設が不要!最短で翌日融資も可
  • コンビニの提携ATMでも入出金が無料で何度も利用できる
  • 消費者金融よりも金利は低め

バンクイックの貸付条件

年齢限度額実質年率無利息期間
満20歳以上65歳未満10万~500万円年1.8%~14.6%なし
スマホATM取引融資スピード郵送物カードレス
非対応最短翌日なしも可※非対応
※三菱UFJ銀行内のテレビ窓口でカードと契約書を受け取り

この審査に関しては、保証会社であるアコムが大部分を担っています。アコムが保証するから三菱UFJ銀行がお金を貸すからです。

アコムは保証する代わりに、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの金利内に保証料を貰うと双方にメリットがある反面、万が一契約者が返済をできなくなってしまったという状況になると代位弁済を行うことに。

この代位弁済というのは、返済できなくなった金額をそのまま立て替えて返済するという仕組みです。代わりに返してもらったとしても債権はそのままアコムに変わるだけであり利用者の債務状況は変わりません。

銀行には、個人向け融資自体のノウハウがありません。

銀行カードローンのほとんどは、大手消費者金融かクレジットカードなどの信販系業者が保証会社です。現にアコムは26銀行の保証をしています。

返済不能になったとしても、三菱UFJ銀行よりも保証会社の方が痛手を負う仕組みになっているため、審査の大部分は保証会社が担っているという仕組みです。

バンクイックの審査基準について

バンクイックの審査基準というものは、公開されていないため明確にここを審査するということを断言することはできませんが、一般的なカードローンの審査基準としては以下の項目が挙げられます。

  • 申込者の返済能力の高さ
  • 申込者の他社ローンの信用状況

基本的に重要である部分はこの2点です。個人の貸し借りでもそうですが、返せないとわかっている人に誰もお金は貸しません。

個人でお金を貸し借りする際の理屈と同じで、年収が高く信用できる人は審査に通りやすくなる可能性があります。

カードローンの場合はこれまでの貸付実績のデータ等で、申込者の状況を自動で数値化し、貸付できる金額を算出、または審査に落ちとなります。

返済能力調査の概要
  • 年収の高さ
  • 収入の安定性の高さ
  • 月々の固定費の状況
信用情報の状況
  • 他社ローンの利用状況
  • 他社ローンの返済状況
  • 過去の金融事故歴
  • アコムとのトラブル歴
  • 同時申込を他社に行っている

満たしておく条件はこの3つです。保証会社のアコムから保証を受けられる方というのは、実際に審査を受けてみないと分からない為、まとめると年齢が20歳以上65歳未満で仕事をしている方であれば誰でも審査を受けられるということです。

審査が大変厳しい銀行カードローンも多く、年収は400万円以上であり、勤続実績は3年以上などの条件があるところもある中、バンクイックの申し込み基準は比較的門は広めです。

では、この2つの要素である返済能力と信用情報の状況について説明していきます。

返済能力調査について

年収の高さについて

単純ですが年収が高いほど、大きな金額を貸してもいい方であると判断されます。

銀行カードローンは2018年の1月より自主規制で総量規制を設けました。これは年収の3分の1から2分の1までの金額以上の貸付を行わないという、借りすぎを防止するための規制です。

バンクイックの場合は明確に融資可能額についての記載がないものの、概ね融資を受けられる金額はこの程度です。

例えると年収600万円の方は200万円から300万円の範囲で融資を受けるでしょう。

収入の安定性について

  • 勤め先の会社規模
  • 仕事の職種
  • 仕事をした在籍年数

例え前年度の年収が1,000万円であっても、翌年の年収が200万円であればそれは安定した収入とは言えません。

総量規制の関係上、例えば600万円の年収に対し最大200万円の融資であったとしても、翌年にはその年収が0円になっているケースもあり、総量規制分丸々融資を受けるのは実は難しいのが現状です。

基本的に総量規制分、満額まで融資を受けたい方は最低でも同じ職場で1年以上の勤務、在籍実績が必要でしょう。

仕事をしてまだ半年以内という方は、限度額は50万円以下に設定されるのが大半です。

月々の固定費の状況

住宅ローンまたは家賃や扶養家族の有無で、世帯に対して収入のどれくらいの金額が毎月固定費として掛かるのかを算出します。

例えば月収が30万円の方で税金等の支払いにより手取りが23万円。そこから固定費が毎月22万円ほど掛かっており預貯金に回せるお金が1万円だった場合は、返済能力が非常に小さいとい扱いとなります。

ここまでシビアではないものの、返済能力が本来よりも低く評価される事もあります。

信用情報の状況について

ローンというものは基本的に全てのローンが信用情報機関に保有されています。住宅ローンからスマートフォンの分割払いまで全てです。

ローンの信用情報が保管されている機関

  • CIC(シーアイシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全国銀行協会

そしてローンの審査も、これらの借りた総額が月々の支払い金額等を共有しながら審査を行っています。

他社ローンの利用状況

他社ローンの利用状況についてです。具体的に言うと、他社のローンで返済期限日を過ぎて返済したのか、または過去に放置したままのローンなのかなどを調べます。

他社のローンに対しそのような履歴がある場合は、融資実績がマイナスの評価となるため、審査落ちとなる可能性が高くなります。

滞納履歴は過去2年以内に3回程度が目安です。

これ以上の回数がある場合は、審査通過が難しくなります。

また、放置中のローンがある場合は、審査に通るのは厳しいでしょう。その業者と和解し契約を解消しない限り、滞納状況が続きます。いつまでも延滞状況が続くため、延々とブラックリスト扱いのままとなります。

過去の金融事故歴

過去に債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)などの金融事故や不正な利用扱いで強制解約となった場合は、一定期間ローンを組めなくなるのは知っておられる方も多いと思います。

バンクイックも当然該当する方は、債務整理明けから5年程度は、どれだけ年収があっても利用できないため注意しましょう。

アコムとの金融トラブル歴

アコムに対しての金融トラブル。すなわち債務整理や強制解約などがあった場合、アコムは保証してくれません。

この場合は、時間が解決するというよりは、保証会社がアコム以外の銀行カードローンにした方が良い結果となる場合が多いです。

同時申込を多数のカードローンへ行っている

住宅ローンなどは、少しでも有利な条件で融資を受けられる業者を選ぶため、同時に申込数などは考慮されにくいですが、カードローンの場合は大きなマイナスとなります。

目安として6ヶ月以内にローンの申込数が3社以内であること。4社以上となると計画的に貸付枠を作っているという判定されやすく、銀行はおろか消費者金融にすら審査に通らなくなる可能性があるので注意しましょう。

三菱UFJ銀行側の審査基準

審査を行うのは保証会社であるアコムがほとんどであるものの、三菱UFJ銀行側も審査を行わないわけではありません。

銀行側の審査内容

  • 警察庁のデータベースのチェック
  • 三菱UFJ銀行の利用状況

これらに対しても審査を行うのですが、ほぼ全ての方がここに該当しないでしょう。

警察庁のデータベースのチェック

警察庁の暴力団情報データベースのチェックを行います。こちらは2018年の1月4日から銀行カードローンは審査時に必ずチェックを行います。

参考:https://www.zenginkyo.or.jp/news/2018/n8951/

目的としては、反社会的勢力に対しての関係を断ち切ることであるため、登録がなければ問題ないという程度です。

三菱UFJ銀行の利用状況

プラスになる項目

  • 給与受け取り口座にしている
  • 税金等の各種支払いの引き落とし口座にしている
  • 預貯金が潤沢である

保証会社が保証しないとなれば、審査落ちになりますがこういった項目は保証会社側にも共有されるためプラス評価につながります。

マイナスとなる項目

  • ローンの滞納で差し押さえとなった
  • 税金の支払いができず差し押さえとなった

こういった面でマイナスとなりますが、特に口座の差し押さえで凍結中は審査に通らず、たとえ契約していても利用が停止となります。

また凍結明けからある程度時間を置く必要もあるため、三菱UFJ銀行の口座が差し押さえ等になったという方は、別の銀行カードローンを選んだほうが無難です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」審査の流れ

ここからは三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」で、実際に審査を受けてお金を借りるまでの流れが、どのようになっているのかを解説していきます。融資までのおおまかな流れはこちら。

バンクイック 借り入れの流れ

  1. 希望の方法でバンクイックへ申し込み
  2. 審査・審査結果確認
  3. 契約
  4. ATMもしくは口座振込で借入

4つのステップのみで簡単にお金を借りられるのが、バンクイックのメリット。

銀行でお金を借りるとなると、「来店して待ち時間があって窓口で直接話して…」といった面倒な手段を想像しますが、バンクイックであれば、インターネットからいつでも申し込みできて手軽です。

バンクイックの在籍確認について

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」に限らず、カードローンの審査には、必ずといっていいほど在籍確認が行われます。

「会社の同僚や上司に借金がバレてしまうのでは…?」と不安な方も多いですが、在籍確認では、電話の理由がわかるような内容は話されません。

在籍確認はあくまでも、申込者が会社に勤務しているかを確かめるだけの電話。

自分以外が電話に出て「◯◯は今席を外しております」のように返答しても、在籍確認は完了します。

バンクイックの審査時間について

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査結果を確認できるのは、最短で翌日です。

早くても1日時間がかかるため、申し込んだその日のうちにお金を借りられないことに注意しましょう。

銀行ローンでは警察庁の暴力団情報データベースをチェックして、申込者が反社会勢力に関係していないかを確認しますが、この照会に時間がかかるのです。

たとえ午前中に申し込みしても、審査が終わるのは最短翌日となります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、増額審査によって最初の借入額を増やせます。

増額審査の申し込み方法には、こちらの2つがあります。

  • Web会員ログインページから申し込み
  • フリーダイヤル(0120-76-5919)から申し込み

申し込み方法は、Webページからからなら365日24時間いつでも受け付けています。

増額審査には収入証明書の提出が必要となりますが、Webからであればそのままアップロードして提出可能です。

バンクイックの増額審査は申し込みをしても、必ず審査に通るとは限りません。

すでに最初の審査で年収を元に借入額を決定しているため、大幅に収入がアップしていなければ、増額できない可能性もあります。

少しでもバンクイックの増額審査に通りやすくするためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

バンクイックの増額審査に通りやすくなるコツ

  • 毎月期日までにしっかり返済している
  • 普段から三菱UFJ銀行を利用している
  • 三菱UFJ銀行の投資商品や住宅ローンを購入している

収入を上げる以外で増額審査に通りやすくなるには、三菱UFJ銀行から信頼を得ることが重要。

毎月期日に遅れないようカードローンを返済するのはもちろん、給料の受け取りなどで普段から三菱UFJ銀行を利用しておくのもいいでしょう。

審査に落ちたときに検討しておきたいこと

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に落ちてしまった方は他社だと審査に通る可能性があります。

審査に落ちてしまった方は、こちらの対処法を試してみましょう。

自分の信用情報を開示してチェック

バンクイックの審査に落ちる原因のひとつとして、信用情報に傷がついていることが考えられます。

過去に利用したローンやクレジットカードで、延滞や遅延を起こした方は、信用情報に記録が残っており、審査に悪影響を与えている可能性があります。

心当たりがある方は、自分の信用情報を開示して確認するといいでしょう。信用情報は個人でも、手数料さえ払えば確認ができます。

信用情報開示の手数料

CIC(シーアイシー):500〜1,000円(税込)
JICC(日本信用情報機構):500〜1,000円(税込)
全国銀行協会:1,000円(税込)

信用情報に問題がある場合、バンクイックの審査に落ちたからといって、むやみに他のカードローンへ申し込みしても、また審査落ちしてしまうでしょう。

審査に落ちた回数が多いほど、次の審査でも「この人には何か問題があるのでは?」と判断されやすくなります。

一度審査に落ちたら信用情報を確認するなどして、何が原因だったのかを明確にしておくのがおすすめです。

バンクイックへ再度申込は最低でも6ヶ月の期間を空ける

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に落ちたからといって、2度と申し込めなくなるわけではありません。

審査に落ちた方でも、以下のケースのように収入や属性が変わると、再度の申し込みで審査に通る可能性があります。

  • アルバイトから正社員になった
  • 転職してから時間が経ち勤続年数が増えてきた

バンクイックへ2回目の申し込みを行う際は、6ヶ月以上期間をあけるようにしましょう。

カードローンの審査に落ちてから6ヶ月間は、審査に落ちた記録が信用情報に残ったままとなっています。

バンクイックの口コミについて

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの口コミ・評判・満足度

総合満足度 

満足度の高かった三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの口コミ

年齢:37歳 職業:会社員 年収550万円 限度額50万円 

三菱UFJ銀行はメガバンクだから安心

急遽10万円前後のお金が必要になりました。昔、消費者金融で10万円借りた時に返済がかなり大変だったので、極力消費者金融は利用したくなかったので、CMでやっていたバンクイックを利用することにしました。金利も低いし、メガバンクという事で安心感もあり個人的には非常に満足できています。

満足度の低かった三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの口コミ

年齢:36歳 職業:会社員 年収400万円 限度額10万円 

限度額90万円で契約できたのに

5年くらい前に90万円の限度額で契約を行い、6万円ほど借りて完済しそのまま利用していませんでした。途中に1度だけ引越しもあり、返済をすっかり忘れており1ヶ月後に返済を行いました。

それから数年後に、20万円程度のまとまった費用が必要で、バンクイックの契約があるのでそちらから捻出しようと思ったのですが、限度額は10万円でした。

再度限度額を増やすには店頭へ来店して手続きと審査が必要と言われました。確かに滞納したのはこちらなので文句は言えませんが、信用情報を見ると限度額は90万円のまま。解約も店頭へ来店して欲しいと言われたので面倒になり他社を利用しました。

急遽お金が必要という人にはいいですが、万が一の時に借入出来るようにしておきたいと考えている人はこういった事もあるので注意です。

目次
閉じる