MUGEN WiFiに注意!本当はお得ではない?評判とデメリットを徹底解説

MUGEN WiFiに注意!本当はお得ではない?評判とデメリットを徹底解説

MUGEN WiFiとは、FREEDiVE社(本社:茨城県)が提供する、1ヶ月で100GBまで使えるクラウドWiFiです。

クラウドSIM・クラウドWiFiとは?

端末にSIMカードを入れずに、クラウド上のSIMでインターネットに接続する仕組みのことを「クラウドSIM」という。

クラウドSIM型のポケット型WiFiなので、クラウドWiFiと呼ばれている。

2019年からサービスを開始しており、今では大変多くのユーザーが利用しています。

30日間のお試し期間があったり、キャッシュバックがもらえたりなど、他のクラウドWiFiにない特典が人気の理由です。

ただし、MUGEN WiFiは、全クラウドWiFiの中で1番安いわけではなく、キャッシュバックをもらうための条件が厳しいので、注意してください。

MUGEN WiFiの注意点

  • 料金が1番安いわけではない
  • キャッシュバックをもらう条件が厳しい

うっかりキャッシュバックをもらい損ねてしまうと、MUGEN WiFiはお得なクラウドWiFiではなくなってしまうのです。

この記事では、MUGEN WiFiが本当にお得なクラウドWiFiなのかどうか、他社と料金を比較して解説します。

また、キャッシュバックをもらう方法やお得な使い方など、MUGEN WiFiのすべてを紹介しますので、検討中の人はぜひ参考にしてください。

管理人

MUGEN WiFiは口座振替で契約したい人におすすめのクラウドWiFiなのです。

MUGEN WiFiの料金・基本情報

契約期間2年のみ
(自動更新なし)
※縛りなしオプションもあります
データ容量100GB
事務手数料3,300円
端末代金無料レンタル
月額料金100GB:3,718円
実質月額3,450円
端末補償オプション通常:月額550円
+α:月額660円
縛りなしオプション月額660円
口座振替オプション月額550円
違約金3,300円
海外利用
配送料無料
お試し利用30日間
支払い方法クレジットカード
提供会社株式会社FREEDiVE
電気通信事業者届出番号A-03-18929

※25ヶ月間の総支払額から算出(違約金含む)。

MUGEN WiFiの端末スペック

端末名U3
重さ約125g
サイズ122✕66✕10mm
最大通信速度下り速度:150Mbps
上り速度:50Mbps
同時接続台数最大10台
連続使用可能時間約12時間
充電ポートType-C
下矢印

\ 口座振替でも契約できます /

簡単3分で申し込み完了できます

当ページでは「初心者でも理解しやすくするため」に、一部の用語について「意図的」に誤用しています(例:Wi-Fiを使う など)。ご理解のほど、よろしくお願い致します。

目次

MUGEN WiFiはお得じゃない?他社との料金を徹底比較!

MUGEN WiFiはお得じゃない?他社との料金を徹底比較!

公式サイトに記載されているとおり、MUGEN WiFiは「業界最安値級」に使えるクラウドWiFiです。

ただし、他のクラウドWiFiと比較して1番安いかというか、そうではありません。

同じように1ヶ月で100GB使えるクラウドWiFiとしては、MUGEN WiFiよりモンスターモバイルのほうが安いからです。

また、MUGEN WiFiはキャッシュバックを受け取ることで「実質的には安い」を実現しています。

もしキャッシュバックを受け取れなかった場合、非常に割高になってしまうので、注意してください。

MUGEN WiFiはお得?人気のクラウドWiFiと料金を徹底比較

クラウドWiFi実質月額※1月額料金2年間の総支払額
MUGEN WiFi3,450円※23,718円86,250円※2
モンスターモバイル3,080円2,948円77,000円
THE WiFi3,348円3,828円
※4ヶ月間無料
83,688円
ゼウスWiFi3,221円3,828円
※10ヶ月目まで1,980円
80,520円
どこよりもWiFi3,432円3,058円85,800円

※1 25ヶ月間の総支払額から算出。※2 キャッシュバック10,000円を含む。

実質月額とは?

一定の期間に支払った合計費用を、利用月数で割ったもの。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×利用月数)-キャッシュバック+違約金}÷利用月数

上記は、MUGEN WiFiを含む、人気のクラウドWiFi5社(100GBプラン)の料金を比較した表です。

MUGEN WiFiは、月額料金が高いため、10,000円のキャッシュバックを受け取ったとしても、他社より割高になることがわかります。

料金面で1番優れているのは、モンスターモバイルです。

月額料金が3,000円を下回っており、少ない負担で毎月利用することができます。

キャッシュバックをもらい損ねた場合は非常に割高になる

クラウドWiFi実質月額月額料金2年間の総支払額
MUGEN WiFi3,850円3,718円96,250円
モンスターモバイル3,080円2,948円77,000円
THE WiFi3,348円3,828円
※4ヶ月間無料
83,688円
ゼウスWiFi3,221円3,828円
※10ヶ月目まで1,980円
80,520円
どこよりもWiFi3,432円3,058円85,800円

※1 25ヶ月間の総支払額から算出。

もしもキャッシュバックをもらい損ねてしまった場合、上記の表のとおり、MUGEN WiFiはさらに割高なクラウドWiFiとなります。

2年間利用した場合、モンスターモバイルより2万円も多く払うことになるのです。

MUGEN WiFiは、キャッシュバックをもらえたとしても、1番お得になるわけではありません。

もらい損ねる可能性もあるわけですから、料金的にはまったくおすすめできないクラウドWiFiといえます。

MUGEN WiFiのキャッシュバックをもらう条件・手順とは?

MUGEN WiFiのキャッシュバックをもらう条件・手順とは?

MUGEN WiFiは、キャッシュバックをもらうための条件が非常に厳しく、もらい損ねてしまう可能性が高いです。

公式サイトに書かれている手順を紹介するとともに、もらい損ねてしまうポイントをしっかりと解説しますので、忘れないように必ずメモをとっておきましょう。

MUGEN WiFiのキャッシュバックを受け取る手順

  1. エントリーフォームへ専用コードを入力する
  2. アンケートに回答する
  3. 受け取り口座の登録を行う

エントリーフォームへ専用コードを入力しないといけない

キャッシュバックを受け取るためには、まずエントリーフォームへの申請が必要です。

エントリーフォームは、MUGEN WiFiの端末が発送された後に、メールで届きます。

エントリーフォーム内に、エントリーコード「MG100004」を入力することで、申請は完了です。

メールの受信設定を怠らないことと、エントリーコードを間違えないことの2点を、絶対に忘れないでください。

MUGEN WiFiからのメールは迷惑メールフォルダに入りやすい?

公式アカウントが定期的に注意を促している

MUGEN WiFiからのメールは、迷惑メールフォルダに入りやすいようです。

特に、GmailやYahooメールを使用している人は注意してください。

MUGEN WiFi申込み後に自動返信で届く、申し込み完了メールが届かなかった人は、迷惑メールフォルダを必ず確認しましょう。

もしエントリーフォームのメールが届かなかった場合は、早急に問い合わせフォームからカスタマーサポートへ連絡してください。

エントリーコードは不定期で変更される

エントリーフォームへ入力するエントリーコードは、不定期で変更されます。

また、MUGEN WiFiを申し込みした際のエントリーコードでないと、キャッシュバックを受け取ることができません。

MUGEN WiFiを申し込む際には、公式サイト上に表示されているエントリーコードを、必ず控えておきましょう。

アンケートへの回答を4回も行わないといけない

エントリーフォームへの入力が終わったら、今度はアンケートへの回答が必要です。

アンケートは全部で4回送られてきますが、すべてに回答をしないとキャッシュバックを受け取ることはできません。

アンケートは、エントリー申請が終わり次第、順次メールで送られてきます。

アンケートメールはいつ送られてくるかわからない

アンケート回答用のメールは不定期配信となっているため、いつ届くのかは決まっていません。

いつ届くかわからないメールを4回も見落とさずに、なおかつすべてに回答をしないといけないのです。

この、すべてのアンケートに回答しなくてはいけない、というのが、MUGEN WiFiのキャッシュバックをもらい損ねる1番の理由となります。

キャッシュバックを受け取る口座情報の登録を2回行わないといけない

MUGEN WiFiのキャッシュバックは、14ヶ月目と23ヶ月目の2回(それぞれ5,000円ずつ)に分けて受け取ることになります。

14ヶ月目と23ヶ月目にメールが届くので、キャッシュバックを受け取るための口座情報の登録を速やかに完了させましょう。

口座情報の登録を行わない限り、キャッシュバックが振り込まれることはありませんので、お気をつけください。

14ヶ月目と23ヶ月にアラートをセットしておきましょう

MUGEN WiFiの端末が送られた日を含む月を1ヶ月目とした、14ヶ月目と23ヶ月目にメールが届きます。

どちらもメールを見落とさないように、カレンダーなどにアラートをセットしておきましょう。

ただし、14ヶ月目と23ヶ月目のいつ頃にメールが届くのかは不明のため、1回だけでなく複数回セットしておくことをおすすめします。

MUGEN WiFiのキャッシュバックが受け取りにくい理由まとめ

  • メールが迷惑メールフォルダに入りやすい
  • エントリーフォームへエントリーコードを入力しないといけない
  • 申込時のエントリーコードを入力しないといけない
  • アンケートに4回も回答しないといけない
  • アンケートがいつ送られてくるのわからない
  • 受け取り口座の指定を別途で行わないといけない
  • 受け取り口座の指定を2回とも行わないといけない
  • 受け取り口座のためのメールが14ヶ月目と23ヶ月目にしか届かない
  • 14ヶ月目と23ヶ月目のいつ頃にメールが届くのかわからない

MUGEN WiFiのキャッシュバックを受け取るためには、様々な条件をクリアしないといけません。

あまりの厳しさに「もらい損ねる」ことを前提とした条件といっても過言ではないでしょう。

キャッシュバック目当てでMUGEN WiFiを申し込もうと考えている人は、十分に注意してください。

MUGEN WiFiのデメリットと注意点の全てを徹底解説

MUGEN WiFiのデメリットと注意点の全てを徹底解説

MUGEN WiFiには、5つのデメリットと注意点があります。

  • 他のクラウドWiFiより料金が高い
  • キャッシュバックをもらう条件が厳しい
  • 30日お試し利用の条件が厳しい
  • 口座振替にすると月額料金が550円も高くなる
  • 公式サイトに載っていない情報が多すぎる

料金やキャンペーンに関する注意点が多いので、損をしないように気をつけてください。

特にキャッシュバックに関しては「MUGEN WiFiのキャッシュバックをもらう条件とは?」でも解説したように、受け取るための条件が非常に厳しいため、注意が必要です。

他のクラウドWiFiより料金が高い

クラウドWiFi実質月額※1月額料金2年間の総支払額
MUGEN WiFi3,450円※23,718円86,250円※2
モンスターモバイル3,080円2,948円77,000円
THE WiFi3,348円3,828円
※4ヶ月間無料
83,688円
ゼウスWiFi3,221円3,828円
※10ヶ月目まで1,980円
80,520円
どこよりもWiFi3,432円3,058円85,800円

※1 25ヶ月間の総支払額から算出。※2 キャッシュバック10,000円を含む。

実質月額とは?

一定の期間に支払った合計費用を、利用月数で割ったもの。

実質月額={事務手数料+端末代金+(月額料金×利用月数)-キャッシュバック+違約金}÷利用月数

MUGEN WiFiはお得?人気のクラウドWiFiと料金を徹底比較」でも解説したとおり、MUGEN WiFiは決して1番お得なクラウドWiFiではありません。

10,000円のキャッシュバックをもらったとしても、モンスターモバイルTHE WiFiより割高になります。

できるだけ料金を抑えて使いたい人には不向きなクラウドWiFiですので、注意してください。

キャッシュバックをもらう条件が厳しい

MUGEN WiFiのキャッシュバックを受け取る手順

  1. エントリーフォームへ専用コードを入力する
  2. アンケートに回答する
  3. 受け取り口座の登録を行う

MUGEN WiFiのキャッシュバックをもらう条件とは?」でも解説したように、MUGEN WiFiのキャッシュバックを受け取るには、様々な条件をクリアしないといけません。

正直にいって、キャッシュバックの受け取り条件は、かなり厳しく設定されています。

また、キャッシュバックは14ヶ月目と23ヶ月目の2回(それぞれ5,000円ずつ)に分けて受け取ることになるので、すぐに10,000円がもらえるわけでもないです。

キャッシュバック目的の人は、条件をよく理解して、十分に注意してください。

30日お試し利用の条件が厳しい

30日お試し利用の条件

  • 20GBまでしかデータ量を使用できない
  • 解約の際は、指定の解約申請フォームからの連絡が必須
  • 申し込み日から30日以内に端末を返却しなくてはいけない
  • 端末および付属品をすべて返却しなくてはいけない
  • 返却処理手数料として1,100円がかかる
  • 縛りなしオプションに加入してはいけない
  • 口座振替オプションに加入してはいけない

MUGEN WiFiは、30日間のお試し利用が可能ですが、上記の通り、細かい条件があります。

最も注意が必要なのは、使用するデータ容量に20GBの上限があることです。

20GB以上を利用してしまうと、お試しキャンペーンが利用できず、通常の解約となります。

通常の解約となった場合、事務手数料と月額料金に加えて、3,300円の違約金がかかるので、最低でも10,000円以上の支払うことになり、非常に損です。

20GBを超えないように、注意して使いましょう。

なお、条件を満たせば事務手数料などの支払いが全て免除(返金)されますが、返却処理手数料として1,100円だけは必要になります。

お試し利用ができるクラウドWiFiは他にもある?

クラウドWiFiお試し期間データ利用量の上限手数料端末返送料
MUGEN WiFi30日間20GB1,100円実費
モンスターモバイル14日間2GB1,100円実費
THE WiFi30日間30GB無料実費
どこよりもWiFi7日間1GB無料実費
それがだいじWi-Fi30日間10GB3,300円実費
AiR WiFi30日間50GB2,970円実費

一定期間内であれば、事務手数料や月額料金、違約金の支払いなしで解約できる「お試し利用」が可能なクラウドWiFiは、全部で6社です。

それぞれ、日数やデータ利用量の上限、手数料が異なります。

はじめてクラウドWiFiを利用する人や、速度がどれくらい出るのかが気になる人には、お試し利用ができるクラウドWiFiがおすすめです。

満足できなかった場合でも、安心して解約することができます。

レターパックプラスを使えば、端末返送料は520円で済みます。

口座振替にすると月額料金が550円も高くなる

MUGEN WiFiは、クラウドWiFiの中で唯一、口座振替に対応しています。

クレジットカードを持っていない人でも、クラウドWiFiを利用することができるのです。

ただし、口座振替で契約するには、月額550円の「口座振替オプション」に加入する必要があります。

1年間で6,600円も支払いが増えてしまうので、よく考えて利用しましょう。

クレジットカードが即日発行できてキャッシュバックまでもらえるクラウドWiFi2社

クラウドWiFiキャッシュバック備考
モンスターモバイル5,000円現金
THE WiFi5,000円分のポイント還元THE WiFiの支払いに利用可

※利用期間を25ヶ月として算出。

モンスターモバイルとTHE WiFiであれば、公式サイト経由で提携しているデジタルカード(セゾンのクレジットカード)が即日で発行できます。

また、5,000円分の特典も付与されるので、よりお得に利用可能なのです。

すでにクレジットカードを持っている人でも作成可能ですし、作成したカードを支払い方法に設定しなくても問題はありません(毎月の利用料金は、別のクレジットカード払いにして良い)。

クラウドWiFiのためにクレジットカードを作成するのであれば、モンスターモバイルかTHE WiFiのキャンペーンを活用するのが、1番お得な方法なのです。

セゾンのクレジットカード特徴

  • 年会費無料
  • 審査が最短5分で終わる
  • 専用アプリで即日カード番号が確認できる

公式サイトに載っていない情報が多すぎる

公式サイトを調べても、MUGEN WiFiの料金プランやサービス内容の詳細は、どこにも記載がありません。

筆者も、公式サイトや利用規約だけでは詳細がわからず、専用フォームから何度も問い合わせました。

例えば月額料金にしても、本来は3,718円なのですが、公式サイトに記載されているのは「実質月額」が「2,988円~」という表記のみです。

この「実質月額」に関しても「実質月額はキャッシュバック10,000円を受け取り、24ヶ月間ご利用された場合の実質の月額料金になります。」と注意書きがあるだけで、詳しい内容には一切触れていません。

他にも、解約時に端末を返却しなくてはいけない旨や、返却期日といった内容に関しても記載がないです。

何か気になることがあった場合、カスタマーセンターに問い合わせないといけないのは、初心者向きではないといえます。

質問や相談は、電話ではなく専用のメールフォームから行うしかありません。

MUGEN WiFiのメリットはどこ?他社より優れているポイント3つ

MUGEN WiFiのメリットはどこ?他社より優れているポイント3つ

MUGEN WiFiには、他のクラウドWiFiをより優れているポイントが、全部で3つあります。

30日間のお試し利用ができること、キャッシュバックがもらえること、口座振替でも契約ができること、の3点です。

  • 30日間のお試し利用ができる
  • キャッシュバックがもらえる
  • クレジットカードがなくても口座振替でも契約できる

30日間のお試し利用ができる

MUGEN WiFiは、30日間のお試し利用ができるクラウドWiFiです。

実際に使ってみて満足できない場合は全額返金できるので、安心して申し込めます。

端末返却の際にかかる送料と手数料の1,100円だけは必要ですが、月額料金や違約金などは一切不要です。

レターパックプラス(520円)で返送すれば、手数料と合わせて1,620円で解約できます。

大きな負担なく30日間も気軽にお試しできるので、特に初心者ユーザーにとっては大きなメリットとなるでしょう。

キャッシュバックがもらえる

MUGEN WiFiは、キャッシュバックがもらえる唯一のクラウドWiFiです。

商品券やポイントではなく、現金で10,000円ももらうことができます。

ただし、MUGEN WiFiの申し込み後、すぐにもらえるわけではありません。

キャッシュバックがもらえるのは、14ヶ月目と23ヶ月目です。

14ヶ月目と23ヶ月目、それぞれ5,000円ずつ振り込まれます。

とはいえ、合計10,000円ものキャッシュバックがもらえるのは、大変魅力的です。

クレジットカードがなくても口座振替でも契約できる

MUGEN WiFiは、口座振替で契約できるクラウドWiFiです。

月額料金とは別で毎月550円の支払いが必要ですが、クレジットカードを持っていない人でも契約できます。

なお、口座振替に対応しているクラウドWiFiは、MUGEN WiFiしかありません。

クレジットカードが作れない人は、迷わずMUGEN WiFiを選びましょう。

MUGEN WiFiはこんな人におすすめのポケット型WiFiです

MUGEN WiFiはこんな人におすすめのポケット型WiFiです

MUGEN WiFiのキャンペーン内容や、メリットとデメリットをふまえると、次のような人におすすめのポケット型WiFiであることがわかります。

  • 口座振替で契約したい人
  • キャッシュバックが欲しい人
  • 初めてクラウドWiFiを使うので心配な人

口座振替で契約したい人

クレジットカード払いではなく、口座振替でクラウドWiFiを使いたい人には、MUGEN WiFiがおすすめです。

というよりも、クラウドWiFiで口座振替に対応しているのは、MUGEN WiFiしかりません。

クレジットカードを持っていない人や作れない人は、迷わずMUGEN WiFiを選びましょう。

キャッシュバックが欲しい人

クラウドWiFiを契約した特典として、キャッシュバックが欲しい人には、MUGEN WiFiがおすすめです。

キャッシュバックがもらえるのは14ヶ月目と23ヶ月目になりますが、総額10,000円も受け取ることができます。

月額料金は他社より高いですが、キャッシュバックに魅力を感じる人は、MUGEN WiFiを選びましょう。

初めてクラウドWiFiを使うので心配な人

初めてのクラウドWiFiで心配な人には、30日間のお試し利用ができる、MUGEN WiFiがおすすめです。

どれだけ口コミや評判が良くても、絶対に大丈夫という保証はありません。

MUGEN WiFiであれば、満足できなかった場合でも、1,100円の手数料と返送料を負担するだけで解約することができます。

電波や速度に不安があっても、MUGEN WiFiなら気兼ねなく試すことができるのです。

こんな人にはMUGEN WiFiをおすすめしません!他のWi-Fiを選びましょう

こんな人にはMUGEN WiFiをおすすめしません!他のWi-Fiを選びましょう

MUGEN WiFiはメリットのあるポケット型WiFiではありますが、どんな人にでもおすすめできるわけではありません。

それこそ、MUGEN WiFi以外にも様々なサービスがあるわけで、人によって最適なWi-Fiは異なります。

次のような人には、MUGEN WiFiではなく、他のWi-Fiをおすすめしますので、ぜひ参考にしてください。

  • 割高なポケット型WiFiを選んで損をしたくない人
  • 毎月100GBも必要ない人
  • データ容量が無制限に使えるポケット型WiFiを探している人
  • 自宅でしかWi-Fiを利用しない人
  • オンラインゲームをやりたい人

割高なポケット型WiFiを選んで損をしたくない人

MUGEN WiFiはお得?人気のクラウドWiFiと料金を徹底比較」で解説したとおり、MUGEN WiFiは他のクラウドWiFiと比べると、全体的に料金が高いです。

10,000円のキャッシュバックこそありますが、月額料金が高いため、長く使えば使うほど、割高になってしまいます。

少しでも安いポケット型WiFiを使いたい人には、MUGEN WiFiではなくモンスターモバイルがおすすめです。

モンスターモバイルは100GB使えるクラウドWiFiの中で月額料金が1番安く、長く使っても高くなりません。

また、100GBプランだけでなく、さらに月額料金が安い20GBや50GBプランもあるため、節約志向の人に最適です。

契約途中でプランを上げることも可能なので、通信費を抑えながら利用したい人には、MUGEN WiFiではなくモンスターモバイルをおすすめします。

毎月100GBも必要ない人

毎月100GBも利用しない人には、MUGEN WiFiをおすすめしません。

MUGEN WiFiは、100GBプランしかないので、データ利用量が多くない人には、もったいなくなってしまうのです。

毎月のデータ利用量が50GB以下なのであれば、20GBプランや50GBプランの用意がある、モンスターモバイルをおすすめします。

モンスターモバイルは、100GB以外にも、20GBと50GBプランにも対応しており、契約途中でのプラン変更が可能です。

毎月どれくらい必要になるかわからない人は、まず20GBや50GBプランから始めて、足りない月が続くようであればプランを上げてしまいましょう。

データ容量が無制限に使えるポケット型WiFiを探している人

MUGEN WiFiは、毎月100GBまでしか利用することができません。

100GBもあれば色々なことができますが、毎日好きなだけ高画質動画を見たりすると、月途中でデータ容量が足りなくなります。

もっとたくさん使いたい人には、データ量が無制限に使える、WiMAXおすすめです。

WiMAXは、1ヶ月のデータ容量に上限がないので、好きなだけWi-Fiを利用することができます。

「3日間で15GB」の制限は、2022年2月に撤廃されていますので、安心してください。

家族で使いたい人や、映画やアニメなどを毎日観たい人には、WiMAXをおすすめします。

WiMAXの特徴

  • データ容量が無制限に使える!毎日たくさん使いたい人でも安心
  • 通信速度が速い!家族みんなで使っても快適に利用可能
  • auもしくはUQモバイルユーザーならセット割引で最大1,100円引きで使える

自宅でしかWi-Fiを利用しない人

自宅でしかWi-Fiを利用しない人には、据え置き型のホームルーターをおすすめします。

MUGEN WiFiのようなポケット型WiFiよりも、通信が安定していて、速度も速いからです。

また、ホームルーターはデータ容量を無制限に使うことができます。

一人暮らしの人だけでなく、家族でWi-Fiを利用したい人にも最適です。

光回線のような工事は不要で、コンセントに挿すだけですぐにWi-Fiが使えるようになるため、インターネットが苦手は初心者の人でも、安心して利用することができます。

ホームルーターの特徴

  • データ容量無制限!どれだけWi-Fiを利用しても速度制限・追加料金なし
  • 工事不要!コンセントに挿すだけ、複雑な設定なしですぐにWi-Fiが利用できる
  • スマホとのセット割引あり!最大1,100円もお得に利用可能

オンラインゲームをやりたい人

オンラインゲームをやりたい人には、MUGEN WiFiを絶対におすすめしません。

迷うことなく、光回線を選んでください。

MUGEN WiFiにかぎらず、ポケット型WiFiやホームルーターでは、オンラインゲームを快適に遊ぶ条件を満たせないからです。

オンラインゲームを快適に遊ぶためには、通信速度だけでなく、応答速度(Ping値)の速さが重要になります。

速度比較実測値による平均Ping値
光回線10~25ms
ホームルーター40~80ms
ポケット型WiFi40~80ms
参考:みんなのネット回線速度

ポケット型WiFiやホームルーターでは、通信速度が足りたとしても、応答速度が足りないのです。

応答速度が遅いと、プレイ中にラグ(遅延)が発生したり、ゲームが突然落ちたりします。

特に、APEXなどのFPS系ゲームや、ストリートファイターなどの対戦型格闘ゲームでは、応答速度が非常に重要です。

平均速度として20ms以上出ていないと、真剣勝負には勝てないといわれています。

光回線以外では、快適なオンラインゲームの利用は不可能といっても過言ではないでしょう。

光回線の特徴

  • 通信速度が速く、安定している
  • 応答速度(Ping値)も速く、ラグりにくく、落ちにくい
  • データ容量が無制限なので、毎日好きなだけ使える

速度を必要としないテーブルゲームであれば、光回線でなくホームルーターでも大丈夫です。

MUGEN WiFiの料金プランや支払い方法などの基本情報まとめ

MUGEN WiFiの料金プランや支払い方法などの基本情報まとめ

MUGEN WiFiの料金プランや支払い方法などの基本情報を、まとめて解説します。

情報の参照元は、公式サイトと利用規約です。

公式サイトや利用規約に載っていない情報は、問い合わせフォームから確認をした上で掲載しています。

料金プランの詳細を一覧表で紹介

契約期間2年のみ
(自動更新なし)
※縛りなしオプションもあります
データ容量100GB
事務手数料3,300円
端末代金無料レンタル
月額料金100GB:3,718円
実質月額3,450円
端末補償オプション通常:月額550円
+α:月額660円
縛りなしオプション月額660円
口座振替オプション月額550円
違約金3,300円
海外利用
配送料無料
お試し利用30日間
支払い方法クレジットカード
提供会社株式会社FREEDiVE
電気通信事業者届出番号A-03-18929

※25ヶ月間の総支払額から算出(違約金含む)。

初月の基本料金(月額料金)は1ヶ月分が必要!日割り計算になりません

MUGEN WiFiは、初月の料金が日割りで計算されません。

利用開始日が月初でも月末でも、1ヶ月分の月額料金3,718円がかかります。

その代わりに「翌月配送」といって、申し込み月の翌月1日~3日に発送してもらうことが可能です。

MUGEN WiFiは配送が選べる
即日配送と翌月配送が選べる

月の途中で申し込みする人で、少しでも損なく利用したい人は「翌月配送」を利用しましょう。

「翌月配送」は、申し込みページ内で選択することができます。

端末は実質無料でレンタル!最大速度は150Mbps

端末名U3
重さ約125g
サイズ122✕66✕10mm
最大通信速度下り速度:150Mbps
上り速度:50Mbps
同時接続台数最大10台
連続使用可能時間約12時間
充電ポートType-C

MUGEN WiFiの端末は、クラウドWiFiでよく利用されている「U3」です。

無料でレンタルでき、端末代金は一切かかりません。

なお、最大速度は150Mbpsで、WiMAXや光回線よりは遅くなりますが、1人でWi-Fiを利用する分には十分な速度です。

2年毎に新品の端末と無償交換可能

MUGEN WiFiは、2年毎に新品の端末と無償で交換可能です。

通信機器は、長く使えば使うほど、故障する可能性が高くなります。

定期的に新品と交換できるので、突然使えなくなるという心配が少なく、長期契約の場合でも安心です。

ただし、端末を交換すると、契約期間はリセットされる(交換から2年以内に解約すると3,300円の違約金がかかる)ので注意してください。

端末の未返却や故障の場合は最大22,000円が請求されます

利用期間損害金
1年未満22,000円
1年半未満16,500円
2年未満11,000円

MUGEN WiFiは、解約時に端末の返却が必要です。

上記の表のとおり、端末を返却しなかったり、返した端末に不具合があったりした場合には、利用期間によって最大22,000円の損害金が発生します。

なお、2年以上利用した場合も端末の返却は必要ですが、未返却や返した端末が故障していても損害金は発生しないので安心してください。

端末以外の返却品損害金
化粧箱1,100円
充電ケーブル
(Type-C)
880円
取扱説明書550円
SIMピン330円

上記は、端末以外の返却品と損害金の一覧表です。

MUGEN WiFiは、解約時に、端末以外にも付属品を返却する必要があります。

端末と同様に返却しなかったり、不備があったりした場合は、それぞれに損害金が発生するので、間違って捨ててしまわないようにしてください。

クラウドSIMなので対応エリアが広い!全国どこでも使えます

MUGEN WiFiは、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3キャリアのモバイル回線を利用してWi-Fiに接続しています。

主に、ソフトバンクの回線に繋がることにはなりますが、対応エリアが広く、全国どこでも使えるのが特徴です。

スマホが利用できる場所では、基本的にどこでもWi-Fiも利用できるので、地方に住んでいる人も安心して契約できます。

実際の通信速度はどれくらい出る?日常生活での使用なら問題ありません

問題なく使える
要注意・不向き
  • SNSの閲覧・投稿
  • ネット検索
  • LINEトーク・通話
  • 動画視聴(標準画質)
  • ビデオ会議
  • 動画視聴(最高画質)
  • 動画配信
  • オンラインゲーム

MUGEN WiFiを実際に使って試したところ、日常生活においては特に問題なく使えることがわかっています。

実機で速度を検証したところ、平均で17Mbps以上の速度が出ていました。

SNSの閲覧やLINEでの通話、動画の視聴といった程度であれば、快適に行うことができます。

ただし、ビデオ会議などテレワークでの利用や複数人での利用には向いていないため、利用用途を考えて契約してください。

端末をそのまま海外へ持って行っても利用可能

1GBあたりの料金主なエリア
1,200円アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北アメリカ
(一部地域を除く)
1,600円アフリカ、南アメリカ、中東
(一部地域を除く)

MUGEN WiFiは、海外でもWi-Fiを利用することができます。

面倒な手続きや設定は、一切不要です。

現地に着いたら、端末の電源を入れ直すだけで、すぐにWi-Fiが利用できます。

ただし、料金プランが国によって異なるので、注意してください(詳しくは公式サイトに記載されています)。

1GBあたり1,200円もしくは1,600円で、1日最大1GBまでしか利用できません

※カスタマーセンターに確認しました。

例えば、フランスへ持っていき、4日間毎日1GB利用した場合の請求金額は、4,800円(4日間×1,200円)となります。

端末補償サービス:2種類から選べる

詳細MUGEN補償オプションMUGEN補償オプション+紛失α
月額料金550円660円
自然故障
破損
水濡れ
盗難・紛失
バッテリー交換

MUGEN WiFiは、契約時のみ端末の補償サービスに加入することが可能です。

月額660円のMUGEN補償オプション+紛失αであれば、盗難や紛失にも対応しています。

なお、オプションを使用して端末の交換をする場合、1回目は無料ですが、2回目は有料です。

1回目の交換から12ヶ月以内であれば9,900円、13ヶ月以上であれば5,500円がかかるので気をつけてください。

契約時に加入できるオプションについて

オプション名月額料金詳細
2年間縛りなしプラン660円契約期間をなくすことができる
低速補償プラン440円Wi-Fiの速度が遅くなった場合に違約金や端末の返送料を負担せずに解約できる
口座振替オプション550円支払い方法を口座振替にする
3ヶ月おまとめ支払い0円1ヶ月ごとの支払いを3ヶ月にまとめることで月額料金が110円安くなる

MUGEN WiFiでは、上記のオプションを追加で契約することができます。

必要に感じるのであれば、MUGEN WiFiの契約時に合わせて加入しましょう。

6ヶ月以上利用するなら2年間縛りなしプランの契約は不要

2年間縛りなしプランは、通常2年の契約期間をなくすことができるオプションです。

いつ解約しても違約金がかからないので、解約時の負担を減らせます。

ただし、6ヶ月以上MUGEN WiFiを利用する人は、加入するメリットがありません

6ヶ月の合計費用(660円×6ヶ月=3,960円)が、違約金の3,300円を上回るからです。

なお、縛りなしプランに加入すると、30日間のお試しキャンペーンを利用できなくなるので、注意してください。

低速補償プランは利用条件が厳しい

低速補償プランの利用条件

  • 通信速度が1Mbps未満であること
  • 連続した5日間の計測結果の提出があること
  • 低速になった月のデータ利用量が100GB未満であること
  • 解約の申請日から1ヶ月以内に端末および付属品を返却すること

低速補償プランは、通信速度が1Mbpsを下回った場合に、月額料金と違約金、さらに端末返送料を負担することなく解約できるオプションです。

ただし、利用条件が厳しく、月額料金が440円もするため、加入を検討している人は注意してください。

連続して5日間も通信速度が1Mbps以下になるケースは、あまり聞いたことがありません。

30日間のお試し期間中に、良し悪しを判断すれば十分でしょう。

2年以内に解約すると違約金が3,300円かかる!3年目以降は0円

MUGEN WiFiは、2年以内に解約をすると、3,300円の違約金がかかります。

3年目以降は、いつ解約しても違約金は0円です。

契約期間の縛りをなくしたい人は、月額660円の2年間縛りなしプランに加入しましょう。

支払い方法はクレジットカードと口座振替に対応

MUGEN WiFiの支払い方法は、クレジットカードと口座振替に対応しています。

口座振替に対応しているクラウドWiFiはMUGEN WiFiしかないので、クレジットカードを持っていない人はMUGEN WiFiがおすすめです。

ただし、口座振替にするには、月額550円の「口座振替オプション」に加入する必要があります。

口座振替オプションに加入すると、30日間お試しキャンペーンは利用できなくなりますので、注意しましょう。

30日間お試しキャンペーン中!満足できなければ違約金無料でキャンセルできます

MUGEN WiFiは、30日間のお試しキャンペーンを実施しています。

速度や使用感に満足できなければ、違約金無料で解約可能です。

ただし、キャンペーンを利用するためには、いくつか条件があります。

1つでも条件を満たさない場合は通常解約となりますので、お試しキャンペーンを利用する場合は、事前に必ず確認しておきましょう。

30日間お試しキャンペーンの条件をタップして確認する

安心全額返金保証の適用条件

※以下①〜⑨の条件を全て満たさない場合、受付を完了できませんためご了承ください。

※当保証は通常プランでのお申し込み時にのみ適用されます。

※各種キャンペーンとの併用はできかねます。

①解約の旨を、契約書記載の「解約申請フォーム」から連絡すること。

②返品の「発送日」がお申込み日から30日以内であること。

例)申し込みが8月1日 PM1:00の場合

○保証対象:8月30日 PM7:00の発送

×保証対象外:8月31日 AM7:00の発送

③MUGEN WiFiのご利用が初めてであること

④短期利用目的・一時利用目的でないこと。

⑤使用データ量が20GBを超えていないこと。

⑥2年間縛りなしオプションに加入していないこと。

⑦口座振替オプションに加入していないこと。

⑧機器(端末本体、化粧箱、説明書、ケーブル、SIMピン等の付属品を含む)の返却する事。

⑨複数台でのご契約の場合、1台のみの適用となります。

安心全額返金保証及び通常解約の注意事項

①機器(端末本体、化粧箱、説明書、ケーブル、SIMピン等の付属品を含む)に不足、過度の破損や汚損等がある場合には、追加費用が発生します。

端末代金 22,000円(税込)

化粧箱 1,100円(税込)

説明書 550円(税込)

ケーブル 880円(税込)

SIMピン 330円(税込)

②端末をご返却いただけない場合、端末代金22,000円(税込)をお支払いいただきます。

※ご利用経過1年以上使用の場合16,500円(税込)・1年半以上使用の場合11,000円(税込)

③短期利用目的・一時利用目的の場合、20GBを超える容量をご利用の場合、30日全額返金保証制度はご利用できません(通常解約となります)。

④返品の「発送日」が申込日から30日を経過した場合は、安心全額返金保証をご利用頂けず、通常の解約金が発生いたします。

⑤返却処理手数料として、1,100円(税込)発生いたします。(安心全額返金保証時)

⑥送料の負担は、申込者側となります。

⑦海外でのご利用がある場合、デイリーの利用料金が別途発生いたします。

⑧事務手数料とご利用料金は返金されます。(安心全額返金保証時)

⑨20GB超える容量をご利用した場合は、通常解約となり、安心全額返金保証は適用されません。この場合、解約金として3,300円(税込)をお支払いいただきます。

※使用容量の確認方法はMUGEN WiFiのWi-Fi接続時にこちらにアクセスいただくと確認が可能です。

⑩2年間縛りなしオプションに加入して契約された場合、安心全額返金保証は対象外となります。

⑪口座振替オプションに加入して契約された場合、安心全額返金保証は対象外となります。

⑫機器(端末本体、化粧箱、説明書、ケーブル、SIMピン等の付属品を含む)の返却が必要となります。

※2022年7月1日以降の申し込みから適応となります(2022年6月30日以前の申し込みについてはご契約書を確認ください。)

引用元:MUGEN WiFi公式サイト

MUGEN WiFiは遅い?速度に関する評判と遅くなる原因を解説

MUGEN WiFiは遅い?速度に関する評判と遅くなる原因を解説

MUGEN WiFiは、キャッシュバックがもらえたり、30日間のお試しキャンペーンがあったりと、魅力的なクラウドWiFiとなっています。

とはいえ、ポケット型WiFiとして利用するにあたり、もっと大事なのは速度です。

様々な媒体から実際に利用しているユーザーの評判を調べてみたところ、かなり賛否両論に分かれていました

そもそもポケット型WiFiというのは、利用環境によって速度が変化するものです。

どんなに性能が良くても、間違った使い方をすれば、速度は遅くなってしまいます。

事実、ポケット型WiFiの特性を知らずに、絶対に速度が出ないような使い方をしている人が非常に多いです。

THE WiFiの速度に関する評判と、ポケット型WiFiの正しい使い方を、わかりやすく解説します。

MUGEN WiFiの平均実効速度は14Mbps!クラウドWiFiの中では少し遅く不安

平均速度を比較下り速度上り速度Ping値
MUGEN WiFi14.21Mbps11.01Mbps58.03ms
THE WiFi19.93Mbps10.91Mbps56.92ms
モンスターモバイル12.23Mbps10.6Mbps52.8ms
ゼウスWiFi17.09Mbps11.97Mbps43.65ms
それがだいじWi-Fi12.52Mbps13.68Mbps41.6ms
5社の平均15.19Mbps11.6Mbps50.6ms
参考:みんなのネット回線速度(2022年11月)

上記は、MUGEN WiFiを含む、クラウドWiFi人気5社の平均実効速度を比較した表です。

インターネットの速度で1番大事な「下り速度」に関して、他のクラウドWiFiよりも遅いことがわかります。

もちろん、平均速度で14Mbpsも出ているので、ホームページの閲覧やSNSの利用、動画視聴などの日常使いであれば、全く問題ありません。

ただし、少々不安が残る結果となっているのは事実です。

Twitterの口コミは速いと遅いが分かれている

みんなのネット回線速度では、やや不安の残る結果となっているMUGEN WiFiの速度ですが、Twitterでも「遅い」という声が少なくありません。

とはいえ、そもそもTwitterは、匿名性であるため「悪い口コミ」が増えやすいです。

インスタグラムと比較すると「ネガティブな思いを伝える」ために使用している人が多い*1ので、タイムラインに流れてくる情報を鵜呑みにしすぎてはいけません。

良い口コミも、悪い口コミも、あくまでも「参考程度」として、捉えておくことをおすすめします。

速度が遅いという口コミの一部を抜粋

時間帯によって速度が遅いとの口コミ。
速度にムラがあり、最も遅いと2Mbps程しか出ないとの口コミ。

上記は、MUGEN WiFiの速度に関する厳しい意見です。

使用する場所や日によって速度にムラがあり、遅いときは2Mbpsになるという口コミがあります。

確かに2Mbps程度の速度では、日常的なWi-Fi利用さえもままならない場合が多いでしょう。

速度が速いという口コミの一部を抜粋

日常利用で不便を感じないとの口コミ。
地方でも十分過ぎる速度が出ているとの口コミ。

上記は、MUGEN WiFiの速度に関しての好意的な口コミです。

下り速度が27Mbps以上も出ている、という口コミもあります。

27Mbps以上も出ている場合は、4Kなど最高画質で動画を見たり、2人同時に使ったりしても、不便を感じることはほとんどないでしょう。

オンライン会議(ZOOM)での利用でも、大きな問題なく使用できたとの口コミもあります。

とはいえ、インターネットの速度は、常に一定ではなく、時間帯や環境によって変化するものです。

あまり無理して使うと、速度が低下したときに困るので、あくまでも日常使いとして利用することをおすすめします。

MUGEN WiFiの正しい使い方とは?速度が遅くなる間違った使い方・原因を解説

U3を外で使う

MUGEN WiFiに限った話ではありませんが、ポケット型WiFiというのは使い方を誤ると、速度が非常に遅くなります。

正しく使えば速度が遅くなりにくく、快適に使えますので、ぜひ覚えてください。

MUGEN WiFiの正しい使い方

  • 定期的に再起動を行う
  • 窓際に置く
  • 電子レンジの近くに置かない
  • 複数台同時に接続・使用しない
  • 他のWi-Fiと干渉させない

定期的に再起動を行う

MUGEN WiFiに限らず、モバイルルーターというものは、長時間連続で使用していると熱やメモリリークなどのバグが原因で、速度が低下したり、通信そのものができなくなったりします。

特にTHE WiFiはクラウドSIMを採用しているため、必要以上に連続して通信を行うと、インターネットが途切れてしまいやすいです。

端末を休ませる意味でも、使わないときは電源を切ったり、定期的に再起動を行ってください。

窓際に置く

MUGEN WiFiは、携帯電話のインターネット回線を使用したサービスです。

モバイルルーターを家の奥まった場所や棚の中などに置いてしまうと、電波がキャッチできません。

できるだけ窓際に置くなどして、電波の入りをよくしましょう。

テレビの裏など、障害物を近くに置いてはいけません。

電子レンジの近くに置かない

電子レンジから発せられている電磁波は、モバイルルーターと同じ2.4GHz帯です。

つまり、電子レンジの近くにモバイルルーターを置いてしまうと、電波が干渉してインターネットが使えなくなります。

電子レンジによる電波干渉が原因で「速度が遅い」と言う人は非常に多いので、十分に気をつけてください。

複数台同時に接続・使用しない

MUGEN WiFiは、あくまでも1人用のポケット型WiFiです。

複数人で同時に使用するのには、速度が足りません。

スマホやパソコン、テレビなど、何台も同時に接続したり使用したりすると、速度が遅くなります。

他のWi-Fiと干渉させない

同じ場所で複数台のルーターを使用すると、電波が干渉しやすくなります。

あまりないかもしれませんが、他のポケット型WiFiやホームルーターなどと、同時に使用しないようにしましょう。

【まとめ】MUGEN WiFiの速度の評判は利用環境による!お試し期間を活用すべし

MUGEN WiFiの速度に関する評判は、良いとも悪いとも、どちらともいえないです。

平均速度としての評価はかも不可もないのですが、2Mbps程度しか出ないという口コミもあります。

ただし、一般的に悪い口コミのほうが広がりやすく、良い口コミは投稿されにくいものです。

口コミの評価は低かったけれど、実際に使ってみたらすごく良かった、という商品・サービスは少なくなりません。

それこそMUGEN WiFiには30日間のお試し期間があるので、実際に使ってみればいいのです。

速度に不安が残る人も、ぜひキャンペーンを活用して、自分自身でMUGEN WiFiの速度を確認してみてください。

実際に使って満足できなかった場合は、手数料の1,100円と返却時の送料(レターパックプラスなら520円)だけで解約することができるので、とても安心ですよ。

MUGEN WiFiの速度はどれくらい?実機での検証結果をレビュー

MUGEN WiFiの速度はどれくらい?実機での検証結果をレビュー

MUGEN WiFiの通信速度や使い勝手を検証するために、実際に契約して使ってみました。

金曜日の夜に申し込みまいたが、土日も発送業務をしているため、端末が到着したのは日曜日です。

自宅、会社、外、電車内、車内、ショッピングセンターなど、様々な場所で使ってみましたが、筆者が使っている間に圏外になったことはなく、速度が遅くて困ったことも、ほとんどありませんでした

とはいえ、あくまでもポケット型WiFiですので、光回線ほどの快適さはありません。

1人で使用するだけなら気にならないですが、複数人で使用した際は速度が遅く、ストレスを感じました。

使用可能なデータ容量も、1ヶ月で最大100GBまでですので、家族みんなで使ったりするのは、難しいでしょう。

管理人

総務省が定めたガイドラインを参考にして計測した速度データと合わせて、検証結果を詳しく解説します。

MUGEN WiFiの実効速度の計測手法

U3の速度を検証
計測方式実地調査方式
計測場所愛知県名古屋市某所
(室内含む)
計測時間通信が混雑する時間帯に計測
(午後12時から午後10時まで)
計測期間2022年11月10日~14日
計測回数各時間帯に1回、1日10回
(5日間で合計50回)
計測項目下り速度
上り速度
Ping値
データの集計方法同一時間帯に計測した結果から平均値を算出
データの表示方法ばらつきのあるデータをわかりやすく表示するための統計学的グラフである「箱ひげ図」にて集計表示
計測端末iPhone11Pro
計測ツール総務省ガイドラインに基づいた速度計測ソフト

THE WiFiの使い心地を「見える化」するために、上記の基準・方法を使い、実効速度(一般的な利用環境で計測された通信速度)を計測して、集計しました。

インターネットの速度は、主に「下り」「上り」「Ping値」の3つに分けられます。

インターネットの速度

  • 下り速度:単位はbps。ダウンロードに必要な速度。SNSや動画の閲覧時に必要となる。
  • 上り速度:単位はbps。アップロードに必要な速度。SNSに投稿する時に必要となる。
  • Ping値:単位はms。応答速度のこと。ゲームでの反応の速さに必要となる。

日常生活において、最も大事なのは下り速度です。

一般的に、10Mbps以上出ていれば、日常生活での使用に問題がないといわれています。

ただし、高画質動画を快適に視聴したい場合や複数人で同時に使用する場合は、30~50Mbps以上は欲しいです。

なお、通信速度は、利用環境や利用者数に影響を受けるため、常に一定ではありません

移動通信トラヒックの推移
出典:総務省「情報通信統計データベース(2021年12月分)」より筆者作成

特に、インターネットの利用者が多くなる時間帯(主に12時台と19時~23時)は、速度が遅くなりやすいので、覚えておきましょう。

MUGEN WiFiの平均実効速度は17.5Mbps!

MUGEN WiFiの実効速度を箱ひげ図にしたもの
箱ひげ図:MUGEN WiFiの実効速度(下り速度/上り速度)
MUGEN WiFiの実効速度を箱ひげ図にしたもの
箱ひげ図:MUGEN WiFiの実効速度(Ping値)

上記は、当サイトが実機を使って検証した、MUGEN WiFiの速度計測結果を集計して、各時間帯の平均値にて作成した箱ひげ図です。

全50回の測定結果から、最大値・最小値・平均値を書き出すと、次のようになります。

実効速度下り速度上り速度Ping値
最大値27.2Mbps19.4Mbps41.6ms
最小値9.7Mbps5.5Mbps63.7ms
平均値17.5Mbps12.4Mbps52.1ms

1番大事な下り速度において、平均速度は17.5Mbpsとなりました。

最も遅かったときでも9.7Mbps出ていたので、クラウドWiFiとしては「十分速い」といえるでしょう。

上り速度は5Mbpsを超えていれば問題がなく、オンラインゲームをやるわけではないのでPing値は気にする必要がありません。

【結論】日常使いであればMUGEN WiFiでも問題なし

MUGEN WiFiを実際に使って感じたことを正直にいうと、決して速くはないです。

日頃から光回線を使っている感覚からすると、何をするにしても多少のラグは感じます。

とはいえ、検索結果が表示されるまでや動画再生が始まるまでに1~2秒待つ程度の話なので、そこまで気になるわけではありません。

集計データからわかる結果としても、日常生活において、1人で使用するだけであれば、よっぽど問題ないといえます。

ただし、複数台の端末に接続して同時に利用する、といった使い方はおすすめしません。

また、高画質動画を2倍速で視聴したり、オンラインゲームで遊んだりするのは無理です。

あくまでも1人用であり、負荷のかかる使い方は難しいWi-Fiであると、認識しておきましょう。

管理人

がっつり使いたい人には、ホームルーターや光回線をおすすめします。

MUGEN WiFi(U3)でWi-Fiを使う方法を実機で解説

MUGEN WiFi(U3)でWi-Fiを使う方法を実機で解説

MUGEN WiFiで使用する端末は、クラウドWiFiの定番端末である「U3」です。

液晶画面はありませんが、シンプルな作りになっているため、初心者の人でも難なく操作できます。

電源ボタンを長押しして、アンテナマークが点灯したら、すぐにWi-Fiの利用が可能です。

STEP
端末の電源ボタンを長押しする
端末の電源ボタンを長押しする

端末の左上にある電源ボタンを3秒ほど長押しし、端末の電源を入れてください。

STEP
電波マークが点灯するまで待機する
電波マークが点灯するまで待機する

電波マークが点滅をやめ、点灯するまで待機をしてください。

STEP
「SSID」と「PWD」を確認する

端末裏面の左下にある「SSID」と「PWD」を確認してください。

※今回使用した端末の場合、SSIDは「AiR-WiFi_0OSPI7」PWDは「48984201」となります

STEP
Wi-Fiを接続する
Wi-Fiを接続する
参考:iPhoneのWi-Fi設定画面

Wi-Fiの設定画面にて、先程確認したSSIDをタップし、PWD(パスワード)を入力したら「接続」をタップしてください。

SSIDの左側にチェックマークがついたら接続は完了です。

MUGEN WiFiの申し込み手順を実際の画像で解説

MUGEN WiFiの申し込み手順を実際の画像で解説

MUGEN WiFiの申込手順を、実際の申込画面を使って解説します。

本人確認書類が不要ですので、所要時間は3分ほどです。

すぐにできますので、安心してお申し込みください。

STEP
公式サイトにアクセスし「1ヶ月お試しモニターに申し込む」をタップする
公式サイトにアクセスし「1ヶ月お試しモニターに申し込む」をタップする

公式サイトにアクセスし「1ヶ月お試しモニターに申し込む」をタップしてください。

STEP
契約台数と配送時期を選択する
契約台数と配送時期を選択する

契約台数を選択したら「情報を確定する」をタップし、配送時期を選択してください。

STEP
氏名と連絡先を入力する
氏名と連絡先を入力する

氏名を入力して「情報を確定する」をタップし、連絡先を入力してください。

入力が終わったら「情報を確定する」をタップしてください。

STEP
住所を入力する
住所を入力する

住所を入力して「情報を確定する」をタップしてください。

STEP
オプションを選択する
オプションを選択する

追加したいオプションを選択して「選択したオプションで申し込む」をタップしてください。

STEP
支払い方法を選択し、情報を入力する

【クレジットカードの場合】

支払い方法を選択してください。クレジットカードを選択した場合は、クレジットカード情報を入力します。

入力が終わったら「情報を確定する」をタップしてください。

STEP
規約に同意して申し込む

規約の内容を確認し、上から順にチェックマークを入れて「プライバシーポリシーに同意して、お申し込みを確定する」をタップしてください。

以上でMUGEN WiFiの申し込みは完了です。

MUGEN WiFiの問い合わせ先は?

MUGEN WiFiを利用中に何か困ったことがあった場合は、専用のメールフォームからの問い合わせが可能です。

契約情報の確認や変更だけでなく、電波や速度が安定しない、端末が上手く起動しないなどのトラブルがあった場合にも、利用できます。

ただし、メールフォームなので24時間受付可能ですが、返信には時間がかかる場合があるので注意しましょう。

MUGEN WiFi問い合わせフォーム

MUGEN WiFiは現在、電話での問い合わせには対応していません。

MUGEN WiFiの解約方法と注意点を解説

MUGEN WiFiを解約する場合も、各種問い合わせと同じく、問い合わせフォームから申請できます。

解約をする場合は、問い合わせフォームにある「お問い合わせ目的」の中にある「解約について」の項目を選んでください。

なお、2年契約プランと縛りなしプランでは、解約が受付されるタイミングと、端末の返却期限が異なります。

いずれのプランにも解約受理の締切日があるので、注意してください。

2年契約プランの解約方法と注意点

  • 当月末解約をするためには、20日までの申請が必要
  • 端末の返却期限は、解約月内まで

2年契約プランを解約する場合、20日までに問い合わせフォームからの申請を行えば、当月末解約できます。

例えば、11月末に解約をしたい場合は、11月20日までに申請をする必要があるということです。

なお、21日以降の申請は、翌月解約として処理されるので注意してください。

また、解約時、端末の返却も必要です。

端末返却にも期限があり、解約月内までの返却が必要になります。

仮に、11月20日までに解約申請をした場合は、11月30日までの消印有効で端末を返却してください。

期限内に端末を返却しなかった場合は、高額な損害金が発生するので注意しましょう。

解約時に返却が必要なのは、端末本体だけでなく、外箱や充電ケーブルなどを含めた付属品一式です。

縛りなしプランの解約方法と注意点

  • 解約申請をした月内での解約はできず、処理は翌月となる
  • 翌月末解約をするための締め切りは、前の月の20日まで
  • 端末の返却期限は、解約月の翌月14日まで

縛りなしプランの場合は、解約申請をした月の翌月が解約月となります。

申請をした月内での、解約はできません。

例えば、11月に解約申請をした場合、実際に解約月となるのは12月です。

また、11月20日までに申請をしないと、12月末での解約はできないので注意してください。

余計なお金を支払わないために、縛りなしプランを契約している人は、解約することが決まったら、早めに申請を行うようにしましょう。

なお、縛りなしプランも解約時に、端末の返却が必要です。

返却期限は、解約月の翌月14日となっています。

12月を解約月とした場合は、翌年1月14日までの返却が必要ということです。

端末および付属品の返却送料はユーザー負担

MUGEN WiFiは、2年契約プランと縛りなしプランのどちらを契約しても、解約時に端末の返却が必要です。

解約時の端末および付属品の返却は、ユーザー負担になります。

着払いで送らないように、注意しましょう。

なお、端末の返却先をMUGEN WiFiに確認したところ、解約手続き中でなければ答えられないとのことでした。

端末の返却にそれぞれ期限もあるので、解約には余裕をもって申請をしてください。

なお、返却には520円のレターパックプラスをおすすめします。

コンビニで手軽に買え、ポストに投函すれば良いだけなので、返却の手間もそれほどかかりません。

MUGEN WiFiに関するよくある質問と答え

MUGEN WiFiに関するよくある質問を、初心者でもわかりやすいように解説します。

MUGEN WiFiはどんな人におすすめのサービスですか?

MUGEN WiFiをおすすめする人の特徴は下記の3つです。

  • 口座振替で契約したい人
  • キャッシュバックが欲しい人
  • 初めて使うので心配な人

MUGEN WiFiをおすすめする人の特徴>

MUGEN WiFiのメリット・デメリットは何ですか?

MUGEN WiFiのメリット、デメリットは下記のとおりです。

メリット
デメリット
  • キャッシュバックがもらえる
  • クレジットカードがなくても口座振替でも契約できる
  • 30日間のお試し利用ができる
  • 他のクラウドWiFiより料金が高い
  • キャッシュバックをもらう条件が厳しい
  • 30日お試し利用の条件が厳しい
  • 口座振替にすると月額料金が550円も高くなる
  • 公式サイトに載っていない情報が多すぎる

MUGEN WiFiのメリット>

MUGEN WiFiのデメリット>

端末の調子が悪い場合はどうしたら良いですか?

端末の調子が悪く、速度が安定しなかったり、遅かったりした場合は、まず端末の再起動をしてください。

なお、Wi-Fiに接続するスマホやタブレットも同様に再起動しましょう。

再起動しても症状が改善されない場合は、MUGEN WiFiのメールフォームから問い合わせをしてください。

MUGEN WiFiの解約方法を知りたい。

MUGEN WiFiを解約する場合は、MUGEN WiFiのメールフォームから申請できます。

なお、当月末解約をする場合には、20日までの申請が必要です。

21日以降の申請は、翌月解約となるので、注意してください。

また、電話での解約はできないので、時間には余裕をもって申し込みをしましょう。

  • URLをコピーしました!

監修者

サーバーエンジニア
早稲田大学大学院理工学部卒業。レンタルサーバー会社にて、回線やサーバーの設計、構築、運用・保守を行う。勤務年数12年。
サーバーエンジニアという中立な立場から、各種インターネット回線の情報を公平に解説しています。
保有資格:Microsoft Azure AdministratorLinuC-3CCNAITIL
VMware(VCP)など。
趣味:資格の取得

目次