ホームルーターおすすめ3社を徹底比較!最安・最速ランキング2022年11月

一人暮らしの人を中心に、コンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになるホームルーターが大変人気です。

光回線のような工事を必要としないため、手間なく簡単にWi-Fiを導入できると評判が高く、引っ越しが多い家庭でも導入を検討している人が増えています。

ホームルーターは大きく分けて3種類(3社)しかありません。

WiMAX(ワイマックス)home5G(ホームファイブジー)ソフトバンクエアーの3社です。

いずれもデータ容量が無制限となっているので、光回線と同じような感覚で使うことができます。

おすすめ3社を比較GMOとくとくBB WiMAXドコモhome5Gソフトバンクエアー
料金
速度
おすすめ度
公式サイト 詳細 > 詳細 > 詳細 >

WiMAXは、全部で10社以上の事業者(プロバイダ)からサービスが提供されています。

本記事では、1番お得な「GMOとくとくBB WiMAX」の情報にて、解説しています。

この記事では、ホームルーターおすすめ3社の料金と速度を徹底的に比較して、それぞれの違いや失敗しないホームルーターの選び方をわかりやすく解説します。

どのホームルーターを選ぶのが1番いいのかが、初心者でもわかるようになっていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • ホームルーターはデータ容量が無制限に使える
  • コンセントに挿すだけで誰でも簡単にWi-Fiが導入可能
  • 初心者でも絶対に失敗しないホームルーターの選び方を紹介
  • ホームルーターのおすすめは3社だけなので迷うことはありません

30秒でわかるホームルーターおすすめ3社

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • ドコモhome5G
  • ソフトバンクエアー

おすすめのホームルーターは、上記の3社のみになります。

お使いのスマホキャリアに合わせて、3社の中から1つを選んでください。

スマホキャリア選ぶべきホームルーター
ドコモドコモhome5G
au
UQモバイル
GMOとくとくBB WiMAX
ソフトバンク
ワイモバイル
ソフトバンクエアー
上記以外のキャリアで
安さを優先したい
GMOとくとくBB WiMAX
上記以外のキャリアで
速さを優先したい
ドコモhome5G
目次

ホームルーターとは?置き型ルーターによるWi-Fiサービス

ホームルーターとは、スマホ用のモバイル回線を利用した置き型ルーターによるインターネット接続サービスの総称です。

また、利用する端末そのもののことをホームルーターと呼ぶ場合もあります。

光回線の代わりに利用する人が増えている、大変人気のWi-Fiサービスです。

ホームルーターの特徴

  • モバイル回線を使ったWi-Fiサービス
  • 工事不要!コンセントに挿すだけでWi-Fiが使える
  • ポケット型WiFiよりも速度が速い
  • データ容量は無制限!好きなだけWi-Fiが使える

スマホ用のモバイル回線を利用した置き型ルーターによるWi-Fiサービスの総称

ホームルーターは、スマホ用のモバイル回線(いわゆる「電波」)を使った置き型ルーターによって、インターネットに接続するサービスのことです。

インターネットにつながる仕組みは、ポケット型WiFiと同じになります。

光回線のように物理的なケーブル(光ファイバー)を使うわけではありませんので、工事が不要です。

光回線のような工事は不要!コンセントに挿すだけでWi-Fiが使える

ホームルーターでインターネット(Wi-Fi)を利用する際に、光回線のような工事は必要ありません。

自宅に届く専用端末(これを「ホームルーター」とも呼ぶ)を、壁のコンセントに挿すだけで、すぐにインターネットが使えるようになります。

パソコンでもスマホでも、簡単にWi-Fiが使えるようになるのです。

光回線のような固定回線ではないがポケット型WiFiよりも速度が安定しやすい

ホームルーターは、モバイル回線(電波)を使ったインターネット接続サービスです。

光回線のように物理的なケーブル(光ファイバー)を使うわけではないので、光回線に比べるとインターネットの接続や速度は多少落ちます。

ただし、利用する端末が大きく、壁のコンセントから直接電源を送るため、小型端末を使用するポケット型WiFiより速度が安定しやすく、快適に利用することが可能です。

データ容量が無制限に使えるので光回線の代わりに利用する人が増えている

ホームルーターは、光回線ほどではないにしろ速度が安定しつつ、データ容量も無制限に使えます。

コンセントに挿すだけという簡単さも、光回線にはないメリットです。

ライトユーザーを中心に、光回線の代わりにホームルーターを利用する人が、非常に増えています。

ホームルーターのデメリットは?

光回線やポケット型WiFiと比較した場合、ホームルーターにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

実際に使ってみて感じたホームルーターのデメリットを3つ紹介します。

  • FPSなどの動きの速いオンラインゲームはラグりやすい
  • マンションだと光回線より割高になる
  • 外へ持ち運ぶことができない

FPSなどの動きの速いオンラインゲームはラグりやすい

FPSや対戦型格闘ゲームなど、他のプレイヤーと同時に通信をして遊ぶタイプのオンラインゲームでは、ラグる可能性が非常に高いでしょう。

ポケット型WiFiよりかは速度が安定しやすいと言えども、ホームルーターは所詮モバイル回線(電波)を使ったWi-Fiサービスです。

物理的なケーブルを使ってインターネットに接続している光回線のようには、速度が安定することはありません。

動きの速いオンラインゲームで遊ぶことが多い人は、ホームルーターではなく光回線を選ぶべきです。

マンションだと光回線より割高になる

月額料金ホームルーター光回線
一戸建て4,500円前後5,000~6,000円
マンション4,500円前後4,000~5,000円

マンションで利用する場合は、ホームルーターは光回線より割高になります。

光回線は、マンションだと一戸建てより月額料金が1,000円ほど安く使えるため、ホームルーターよりも安く使えるのです。

光回線ならキャッシュバックも高額なので、よりお得に利用できます。

マンションにお住まいの人で、少しでも通信費を節約したいと考えている人は注意してください。

外へ持ち運ぶことができない

ホームルーターでインターネット(Wi-Fi)を利用するためには、電源(コンセント)が必須です。

コンセントのない野外などでは、ホームルーターを使うことはできません。

また、WiMAX以外のホームルーターは、契約した住所以外での利用を禁じられています。

家でも外でも好きな場所で使いたい人は、ポケット型WiFiを選びましょう。


ホームルーターのメリットは?

デメリットとは反対に、ホームルーターにはどんなメリットがあるのでしょうか。

ポケット型WiFiや光回線と比較すると、次の4つがメリットとなります。

  • 工事不要ですぐに使える
  • データ容量無制限なので好きなだけインターネットが使える
  • 複数人で使っても快適に使える
  • 引っ越しの手間がない

工事不要ですぐに使える

光回線と違い、工事不要ですぐに使えるのがホームルーター1番のメリットです。

コンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになるため、インターネットに詳しくない初心者の人でも安心して使うことができます。

データ容量無制限なので好きなだけインターネットが使える

当記事で紹介するホームルーターは、すべてデータ容量が無制限のものになっています。

光回線と同じように、毎日好きなだけインターネットを楽しむことが可能です。

20GBや100GBといった制限がないので、好きなときに好きなだけ利用できます。

複数人で使っても快適に使える

ホームルーターは、家族みんなで使っても問題ないくらい、速度が出るようになっています。

お父さんはテレビでNetflixを観て、お母さんは台所でレシピを検索、子供は部屋でスイッチで遊ぶ、といった具合に、家族同時にインターネットを使うことができるのです。

引っ越しの手間がない

ホームルーターは、登録住所の変更手続きだけ行えば、引越し先のコンセントに挿すだけで、すぐにWi-Fiが使えるようになります。

光回線のように面倒な引っ越しの手続きや、工事の手配、開通処理が完了するまで待たなくてはいけないといったこともありません。

初心者の人であっても、手間なく簡単に引っ越しが可能なのです。

こんな人にはホームルーターをおすすめしません

ホームルーターのメリットとデメリットをふまえると、次のような人にはおすすめできません。

  • FPSなど動きの速いオンラインゲームを遊びたい人
  • 通信費を節約したいマンション住まいの人
  • 外でもWi-Fiが使いたい人

FPSなど動きの速いオンラインゲームを遊びたい人

ホームルーターでは、FPSなどの動きの速いオンラインゲームは快適に遊べません。

Apex、Fortnite、ストリートファイター、ウイニングイレブンなど、他のプレイヤーと同時通信でプレイするオンラインゲームを遊びたい人には、ホームルーターではなく光回線おすすめです。

光回線であれば、ラグることなく快適に遊ぶことができます。

通信費を節約したいマンション住まいの人

通信費を節約したいマンション住まいの人には、ホームルーターではなく光回線おすすめします。

基本的に、マンションの場合はホームルーターより光回線のほうが安いです。

月額料金が安いだけでなく、高額なキャッシュバックなどもあるので、よりお得に使うことができます。

光コンセント設置済みのマンションであれば、工事の立ち会いが不要となり、最短2週間でWi-Fiが使えるようになりますので、安心して光回線をお選びください。

外でもWi-Fiが使いたい人

自宅だけでなく、外出先でもWi-Fiが使いたい人には、ホームルーターではなくポケット型WiFiおすすめです。

ホームルーターはコンセントがないと利用できませんが、ポケット型WiFiであれば充電式のバッテリーで利用できるため、いつでもどこでもWi-Fiが使えます。

WiMAXのポケット型WiFiであればデータ容量が無制限に使えるので、毎日たくさん使いたい人も安心です。

ホームルーターはこんな人におすすめ

次のような人には、光回線やポケット型WiFiではなく、ホームルーターをおすすめします。

  • 手間なく簡単に快適なWi-Fiを導入したい人
  • 引っ越しが多い人
  • 外へ持ち運ぶことがない人

手間なく簡単に快適なWi-Fiを導入したい人

「自宅にWi-Fiが欲しい」「でも、面倒なことは避けたい」という人には、ホームルーターがおすすめです。

申し込み後に届く端末をコンセントに挿すだけで、すぐにWi-Fiが使えるようになります。

光回線のような工事は必要なく、面倒な設定も一切ありません。

引っ越しが多い人

引っ越しをする機会が多い人には、工事が必要な光回線ではなく、ホームルーターをおすすめします。

ホームルーターであれば、端末をそのまま持っていき、コンセントに挿すだけだからです。

住所変更の手続きだけ済ましておけば、引越し先ですぐにWi-Fiが使えるようになります。

今まで使っていた端末そのままなので、Wi-Fiの設定をし直すこともなく、初心者の人でも安心して利用可能です。

外へ持ち運ぶことがない人

家の中だけでWi-Fiが使えればいい人であれば、ポケット型WiFiよりホームルーターがおすすめです。

ポケット型WiFiもホームルーター同様に工事が不要で簡単に使えるWi-Fiサービスですが、速度の安定感ではホームルーターに劣ります。

自宅で使うだけであれば、より快適に使えるホームルーターを選ぶべきといえるでしょう。

ホームルーターおすすめ3社を比較!

スペック比較GMOとくとくBB WiMAXドコモhome5Gソフトバンクエアー
実質月額3,670円4,541円3,820円
実効速度44.8Mbps75.8Mbps
おすすめ度

上記は、ホームルーターおすすめ3社の料金と速度を比較した表です。

実行速度は、筆者が各ホームルーターの実機を利用して時間帯別に計測した実行速度の平均値を記載しています。

筆者が1番におすすめするホームルーターは、GMOとくとくBB WiMAXです。

実質月額が1番安いのはGMOとくとくBB WiMAX

3年間の総支払額から算出した実質月額では、GMOとくとくBB WiMAXが1番安くなります。

なお、1年や2年の短期利用でも、GMOとくとくBB WiMAXが1番安いです。

とにかく費用を抑えたい人には、GMOとくとくBB WiMAXを1番におすすめします。

実効速度が1番速いのはドコモhome5G

実効速度(お客様宅で実際に出ている通信速度)が1番速いのは、ドコモhome5Gです。

料金の安さよりも、Wi-Fiの快適さを優先する人には、ドコモhome5Gをおすすめします。

速度はどれくらい出ていれば快適に使えるの?

1人で使う場合、10Mbps~20Mbps程度出ていれば、快適に使えます。

ネット検索やSNS閲覧、動画視聴といった日常生活におけるインターネットの利用であれば、問題ありません。

Wi-Fiを同時に使用する人数が増えれば増えた分だけ、必要な速度は倍になると考えてください。

つまり、よほどのことがない限り、GMOとくとくBB WiMAXでも十分となるのです。

速度に相当なこだわりがある人以外は、ドコモhome5Gを選ぶ必要はありません。

通信速度は、エリア、端末の設置環境、時間帯、利用する機器のスペック・状態などによって、大幅に変化します。

本記事で紹介している実行速度は、あくまでもユーザーの口コミを参考にしたものであり、速度を保証しているものではありません。

ホームルーターのおすすめな選び方は?

データ容量が無制限に使えるホームルーター3社の、おすすめ選び方を紹介します。

スマホとのセット割引と速度を基準にして選べば、絶対に失敗しません。

使っているスマホキャリアに合わせて最安のホームルーターを選ぶのが1番おすすめ

スマホキャリア割引適用になるホームルーター
ドコモドコモhome5G
au
UQモバイル
GMOとくとくBB WiMAX
ソフトバンク
ワイモバイル
モバレコエアー
上記以外なし

ドコモ、au、UQモバイル、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーであれば、上記のホームルーターとのセット割引が適用になります。

セット割引が適用された場合、他のホームルーターよりも確実に安くなるため、非常にお得です。

基本的にはスマホとのセット割引が適用になるホームルーターを選びましょう。

速度に不安があるソフトバンク・ワイモバイルユーザーにはGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ

ただし、モバレコエアーは通信速度の評判があまりよろしくないため、不安に思う人が少なくないです。

ソフトバンクやワイモバイルユーザーの人で、速度を不安に思うのであれば、料金が安く速度も速いGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

速度にとことんこだわるならドコモhome5Gがおすすめ

とにかく速度にこだわる人には、ドコモhome5Gをおすすめします。

ユーザーの口コミによる実効速度だけでなく、筆者が実機で検証した実効速度においても、常に高い数値を計測している大変優秀なホームルーターです。

ドコモhome5Gでダメなら、どのホームルーターでもダメと言っても過言ではないくらい、速度に関しては1番信用できます。

ホームルーター徹底比較したおすすめランキング2022年11月

スペック比較GMOとくとくBB WiMAXドコモhome5Gモバレコエアー
端末代金21,780円39,600円
※月々サポートで実質無料
59,400円~71,280円
※同額の割引で実質無料
月額料金初月~2ヶ月目:1,474円
3ヶ月目~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,444円
4,950円初月~2ヶ月目:2,167円
3ヶ月目~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
スマホのセット割引au
UQモバイル
ドコモソフトバンク
ワイモバイル
キャッシュバック 23,000円
※他社乗り換えなら最大49,000円
18,000円
※Amazonギフト券
17,000円
3年間の総支払額131,374円163,500円135,988円
実質月額3,649円4,541円3,777円
データ容量無制限無制限無制限
対応エリアau5G
au4G LTE
WiMAX2+
ドコモ5G
ドコモ4G LTE
FOMA
ソフトバンク5G
ソフトバンク4G LTE
ソフトバンク4G AXGP
※要電話確認
最大速度
(下り)
2.7Gbps4.2Gbps2.1Gbps
最大速度
(上り)
183Mbps218Mbps非公開
実効速度
(下り)
44.8Mbps75.8Mbps
実効速度
(上り)
7.44Mbps6.64Mbps
おすすめ度★★★★★5/星5★★★★☆4/星5★★★☆☆3/星5

上記は、ホームルーターおすすめ3社のスペックを比較した表です。

上記の比較表もふまえた上で、ホームルーターおすすめ3社の特徴とメリットやデメリットについて、1つずつ解説します。

GMOとくとくBB WiMAX:料金と速度のバランスが取れた1番おすすめホームルーター

GMOとくとくBB WiMAXは、料金と速度のバランスが取れた、当サイトが1番におすすめするホームルーターです。

おすすめポイント
注意点
  • 実質月額がホームルーターで1番安い
  • キャッシュバックが23,000円もらえる
  • 他社から乗り換えなら最大49,000円のキャッシュバックがもらえる
  • auやUQモバイルユーザーならセット割引でさらにお得に使える
  • 実効速度も十分速い
  • 自宅以外でも自由に使える
  • キャッシュバックがもらえるのは11ヶ月後
  • 違約金が20,000円未満の場合はキャッシュバックが23,000円のまま
  • 口座振替では契約できない

おすすめポイント①実質月額がホームルーターで1番安い

ホームルーター実質月額※1
GMOとくとくBB WiMAX3,649円
ドコモhome 5G4,541円
モバレコエアー3,777円

GMOとくとくBB WiMAXは、実質月額が最も安いです。

支払いを安く抑えたい場合には、最適なホームルーターといえます。

おすすめポイント②キャッシュバックが23,000円もらえる

ホームルーター実質月額
GMOとくとくBB WiMAX23,000円
ドコモhome 5G18,000円
※Amazonギフト券
モバレコエアー17,000円

GMOとくとくBB WiMAXは、当サイト経由で申し込みをすると23,000円のキャッシュバックがもらうことができるホームルーターです。

高額なキャッシュバックが欲しい人におすすめできます。

おすすめポイント③他社から乗り換えなら最大49,000円のキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック額は通常23,000円ですが、他社からの乗り換えの場合最大49,000円まで金額が増額されます。

現在他社でWi-Fiサービスを利用していて、速度や料金に不満のある人や、契約の更新月が近く他のWi-Fiサービスを検討している人には特におすすめです。

おすすめポイント④auやUQモバイルユーザーならセット割引でさらにお得に使える

GMOとくとくBB WiMAXは、スマホのセット割引に対応しています。

au・UQモバイルでスマホを契約している人は、毎月のスマホの料金から最大1,100円が割引されるので、大変お得です。

通信費の削減にもなり、お家でも外出先でも快適にコスパ良くWi-Fiを利用できます。

ただし、スマホのセット割の適用には、GMOとくとくBB WiMAX契約後、auもしくはUQモバイルへの申し込みが必要です。

自動的に割引が適用されるわけではないので、注意してください。

おすすめポイント⑤実効速度も十分速い

ホームルーター実質月額
GMOとくとくBB WiMAX44.8Mbps
ドコモhome 5G75.8Mbps
モバレコエアー

GMOとくとくBB WiMAXは、実行速度も十分に速いホームルーターです。

実行速度で最も速いホームルーターはドコモのhome 5Gですが、次点でGMOとくとくBB WiMAXが付いています。

一般的に1人での利用であれば、10~20Mbpsの速度が出ていれば快適に利用できるのでGMOとくとくBB WiMAXの速度でも十分です。

速度にこだわりのある人以外には、最も使い勝手の良いホームルーターといえます。

おすすめポイント⑥自宅以外でも自由に使える

GMOとくとくBB WiMAXは、契約時登録した住所以外でもホームルーターを利用することが可能です。

実家帰省にする場合や友人宅へ遊びに行く場合など、登録住所以外であってもルーター本体を持っていけば、場所を選ばずにWi-Fiを利用することができます。

他社だと、登録住所以外の利用は認められておらず利用停止になる場合があるので、GMOとくとくBB WiMAXは利用場所においては寛容なサービスです。

登録住所以外にもWi-Fiを利用したい場所がある人には、GMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

ただし、ルーターの移動前にWi-Fi利用場所が、WiMAXの対応エリア内であるかどうかの確認はしてください。

注意点①キャッシュバックがもらえるのは11ヶ月後

GMOとくとくBB WiMAXには、23,000円のキャッシュバックキャンペーンがあります。

ただし、キャッシュバックを実際に受け取ることができるのは、端末発送を1ヶ月目として、12ヶ月目の月末です。

受け取りまでには少し時間がかかるので注意してください。

また、キャッシュバックの受け取りには申し込みが必要です。

端末発送を1ヶ月目として11ヶ月目にGMOとくとくBB WiMAXのマイページに届くメールから申請をしてください。

注意点②違約金が20,000円未満の場合はキャッシュバックが23,000円のまま

GMOとくとくBB WiMAXは他社乗り換えの場合、最大49,000円まで金額が増額されます。

ただし、他社違約金が20,000円未満の場合は、通常の23,000円の金額のままです。

他社での違約金の金額によって、GMOとくとくBB WiMAXでもらえるキャッシュバック額が変わるので注意してください。

注意点③口座振替では契約できない

GMOとくとくBB WiMAXは、口座振替に対応していません。

支払い方法は、クレジットカード払いのみです。

クレジットカードを持っていない人は、そもそも契約することができません。

支払い方法を口座振替にしたい人には、BIGLOBE WiMAXをおすすめします。

なぜなら、口座振替に対応しているWiMAXの中で、実質月額が最も安いからです。

クレジットカードを持っていない人も、BIGLOBE WiMAXならWiMAXのホームルーターを契約することができます。

【まとめ】料金と速度のバランスを重視したい人におすすめのホームルーター

GMOとくとくBB WiMAXは、料金と速度のバランスが最も良いホームルーターとしておすすめです。

なぜなら、実質月額が最も安く、実行速度の平均でも40Mbps以上の速度がでているからです。

コスパを重要視する場合には、最もおすすめできるホームルーターといえます。

ドコモhome5G:高品質な回線で安定した速度が出るホームルーター

ドコモhome 5Gは、速度の速さを重要視する人に、最もおすすめするホームルーターです。

おすすめポイント
注意点
  • 実効速度が圧倒的に速い
  • 18,000円分のAmazonギフト券がもらえる
  • ドコモユーザーならセット割引でお得に使える
  • 3年使えば端末代金が実質無料になる
  • 現金キャッシュバックではなくAmazonギフト券になる
  • 3年以内に解約すると端末残債が請求される
  • 端末が到着するまで少し時間がかかる

おすすめポイント①実効速度が圧倒的に速い

ホームルーター実質月額
ドコモhome 5G75.8Mbps
GMOとくとくBB WiMAX44.8Mbps
モバレコエアー

ドコモhome 5Gの1番のおすすめポイントは、圧倒的な速度の速さです。

実機を用いた検証でも、平均で75Mbps以上の速度がでています。

日常生活においてのWi-Fiの利用だけではなく、テレワークやビデオ会議などの仕事での利用や超高画質の動画を視聴する際にも安心して利用できる速度です。

速度を最重要視する人には、最も快適に利用できるホームルーターといえます。

おすすめポイント②18,000円分のAmazonギフト券がもらえる

home 5Gは、18,000円のAmazonギフト券がもらえるホームルーターです。

Amazonでよくお買い物をする人に、おすすめできます。

おすすめポイント③ドコモユーザーならセット割引でお得に使える

home 5Gは、ドコモのスマホとのセット割引が適用されます。

ドコモのスマホを契約している人であれば、毎月のスマホの料金から最大1,100円が割引されるので、大変お得です。

home 5Gは月額料金が他社よりも高めに設定されていますが、スマホのセット割引を適用させることで、通信費の総額を安くすることができます。

また、スマホのセット割引は、離れて暮らす家族にも適用可能です。

ドコモのスマホを利用している個人もしくは家族には、home 5Gが最もおすすめです。

一緒に住んでいるご家族も、離れて暮らすご家族も全員割引になります。

引用元:ドコモ公式サイト【home 5G セット割

おすすめポイント④3年使えば端末代金が実質無料になる

home 5Gは、端末代金が実質無料です。

home 5Gの端末代金は39,600円ですが、毎月の分割代金と同額の割引を受けることができます。

3年間利用すれば、端末代金は無料となるので、長期契約をする人にもおすすめです。

注意点①現金キャッシュバックではなくAmazonギフト券になる

ドコモhome 5Gは、現金のキャッシュバックではなく、18,000円のAmazonギフト券の受け取りとなります。

Amazonギフト券は、Amazon内でのお買い物にしか利用することができません。

楽天やヤフーショッピングなどの他ECサイトでのお買い物が多い人には、注意が必要です。

なお、現金派でより高額なキャッシュバックが欲しい人には、GMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

GMOとくとくBB WiMAXなら、23,000円のキャッシュバックをもらうことができ、他社乗り換えであれば、最大49,000円までキャッシュバック額が増額されるので、大変お得です。

注意点②3年以内に解約すると端末残債が請求される

ドコモhome 5Gは、3年以内に解約をすると端末の残債が発生します。

契約中は、端末の分割代金と同額の割引が適用されるので、実質無料でルーターを利用することができますが、3年以内に解約すると残月分が一括で請求されます。

短期間の利用を検討している人は、注意してください。

注意点③端末が到着するまで少し時間がかかる

ドコモhome 5Gは、申込書のやり取りが必要になるため、端末が実際に届きWi-Fiを利用できるまでに少し時間がかかります。

また、ネット上の申し込みは、申込書の送付に必要な情報を入力するのみなので、本契約は申込書の返送後です。

WEB申し込み後、すぐに端末が届くわけではないので注意してください。

【まとめ】とにかく速度を優先したい人やドコモユーザーならドコモhome5Gがおすすめです

ドコモhome 5Gは、速度を重視する人もしくは、スマホをドコモで契約している人におすすめするホームルーターです。

速度の速さは折り紙付きなので、安心してWi-Fiを利用することができます。

また、home 5Gは、スマホとのセット割引が適用可能なので、ドコモのスマホを契約している人にもおすすめです。

特に、家族でドコモのスマホを利用している人は、家族全員に割引が適用されるため通信料の大きな節約になります。

なお、離れて暮らす家族にも割引は適用されます。

ドコモユーザーは、速度・料金ともに納得できるWi-Fi環境を手にすることが可能です。

モバレコエアー:ソフトバンクやワイモバイルユーザーに最適なホームルーター

モバレコエアーは、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめするホームルーターです。

おすすめポイント
注意点
  • キャッシュバック17,000円もらえる
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならセット割引でお得に使える
  • 3年使えば端末代金が実質無料になる
  • 8日以内なら完全無料で解約できる(お試し利用に最適)
  • 3年以内に解約すると端末残債が請求される
  • 速度が遅い可能性がある

おすすめポイント①キャッシュバック17,000円もらえる

モバレコエアーは、17,000円のキャッシュバックがもらえるホームルーターです。

キャッシュバックが欲しい人におすすめできます。

おすすめポイント②ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならセット割引でお得に使える

モバレコエアーは、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば、スマホのセット割引が適用になります。

契約しているキャリア、プランによって割引額は異なりますが、最大1,100円が毎月のスマホ料金から割引されるのでお得です。

ソフトバンク・ワイモバイルでスマホを契約している人は、モバレコエアーの利用をおすすめします。

おすすめポイント③3年使えば端末代金が実質無料になる

モバレコエアーで利用する端末は、購入する必要があります。

ただし、利用中は、端末の分割代金と同額が割引されるので、実質無料での利用が可能です。

3年以上利用すれば、端末代金を支払う必要がないので、長期間の使用をおすすめします。

おすすめポイント④8日以内なら完全無料で解約できる(お試し利用に最適)

モバレコエアーは、初期契約解除制度に対応しているホームルーターです。

利用開始から8日以内であれば、完全無料で解約することができます。

後述もしますがモバレコエアーは速度に関して不安のあるホームルーターなので、お試しで利用できるのはとても安心です。

注意点①3年以内に解約すると端末残債が請求される

モバレコエアーは、3年以内に解約をすると端末の残債が請求されます。

また、モバレコエアーの端末代金は、他社と比較してかなり高額です。

3年以内の短期利用では、確実に損になるので、3年以上利用することがはっきりしている以外では契約をおすすめできません。

注意点②速度が遅い可能性がある

モバレコエアーは、速度に不安のあるホームルーターです。

SNS上でも、モバレコエアーに関しては、速度が遅い・繋がらないなどの口コミを多く目にします。

悪い口コミの目立つSNSであっても、良いとはいえない評価が多いと心配です。

ただし、モバレコエアーは初期契約解除制度に対応しており、契約から8日以内であれば無料で解約できます。

モバレコエアーの契約を検討していて速度に不安のある人は、ぜひ制度を利用して使用感を試してください。

注意点③速度制限がかかる場合がある

モバレコエアーは、月ごとのデータ容量無制限で利用できるホームルーターです。

ただし、通信回線に高負荷がかかった場合、速度制限がかかる場合があります。

また、回線の混雑する時間帯にも制限されることがあるので、注意が必要です。

【まとめ】お得に利用したいソフトバンクやワイモバイルユーザーにはモバレコエアーがおすすめです

モバレコエアーは、スマホのセット割引が適用されるソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめのホームルーターです。

なお、速度に関しては不安があるので、対応エリアの確認は必ずしてください。

ただし、速度に不安があっても初期契約解除制度が適用されているので、8日以内の解約にお金はかかりません。

お試し期間だと思って制度を利用し、使用感を試すのがおすすめです。

ホームルーターのおすすめ3社によくある質問と答え

ホームルーターのおすすめ3社によくある質問と答えにQ&A方式で回答します。

ホームルーターの月ごとのデータ容量に制限はありますか。

ホームルーターのおすすめ3社は、データ容量無制限で利用できます。

月に利用するデータ容量がどれだけ多くても、月額料金は定額です。

ただし、短期間に常識の範囲を超える利用をした場合は、速度制限がかかる場合があるので注意してください。

ホームルーターのメリット・デメリットはなんですか。

ホームルーターのメリットは、工事不要な点です。

コンセントに接続すれば、すぐにWi-Fiを使うことができます。

また、ホームルーターのデメリットは、持ち運び不可なので、地下鉄や繁華街などの外出先でのWi-Fi利用ができない点です。

ただし、GMOとくとくBB WiMAXであれば、登録住所以外での利用が可能なので、コンセントのある場所であればどこでもWi-Fiを利用することができます。

ホームルーターがうまく起動しません。どうしたら良いですか。

まずは、ホームルーター本体と、Wi-Fiに接続するスマホやタブレットの再起動をしてください。

ちなみに、ルーターの置き場所も重要です。

できるだけ窓側に近い、見通しの良い場所に設置してください。

また、近くに電子レンジやブルートゥースイヤホンなどの電子機器があると、電波の干渉が起き、うまく繋がらなかったり、速度が遅くなる原因となります。

家電の近くにホームルーターを設置するのは、控えましょう。

上記を試しても、症状が改善しない場合は、各サポートセンターへ相談してください。

  • URLをコピーしました!

監修者

サーバーエンジニア
早稲田大学大学院理工学部卒業。レンタルサーバー会社にて、回線やサーバーの設計、構築、運用・保守を行う。勤務年数12年。
サーバーエンジニアという中立な立場から、各種インターネット回線の情報を公平に解説しています。
保有資格:Microsoft Azure AdministratorLinuC-3CCNAITIL
VMware(VCP)など。
趣味:資格の取得

目次